NULL(ヌル)

NULLとは、プログラム言語で「なにもない」という意味を指す。通常は数量がない「0(ゼロ)」や、長さが0の文字列「””(空文字)」とは区別されます。主にデータベースの初期値に使用され、例えば初期値を「0」とすると、入力値が0なのか初期値なのか判断できませんが、NULLを設定することで判別が可能となります。また、NULLを含むデータを用いた演算処理はできずエラーが出力されます。(※例外としてNULLと空文字を同じ扱いにする場合もあります。)