ワントゥワン・マーケティング

ワントゥワン・マーケティングとは、画一的ではなく顧客一人ひとり、それぞれの興味関心に合わせたマーケティングのこと。IT技術の進歩により、WEBサイトの閲覧者は必要な情報を入手するだけではなく、Cookie機能などにより自分自身の情報を提供することが可能になりました。実践的な手法としては、リターゲティング広告やレコメンデーション、メール配信・DM送付などがあります。