中小企業の経営者様必見!オンライン採用のメリット・デメリット

2021年はワクチン接種の試みが進みつつも、採用活動はまだまだオンラインの体制を継続する必要があり、ウイルス感染を最大限抑えなくてはいけません。

そんな中で、オンライン採用を行うメリット・デメリットは何なのか、企業が知っておくべき項目を6つに分けてご説明します。

採用に携わっている中小企業の人事担当者の方や経営者の方は、効果的なオンラインの採用を進めるための参考にしていただければと思います。

1. オンライン採用のメリット

オンライン採用のメリットは、ウイルスの感染対策ができることはもちろん、より多くの学生にリーチできることや業務を効率化できることも挙げられます。

それぞれのメリットを詳しく紹介していきます。

ウイルス感染対策になる

1つめのメリットは、ウイルスの感染対策が可能になることです。

コロナ禍では「非接触」の重要性が叫ばれているため、Zoomなどのツールを活用してリモートの説明会・面接ができるのは大きなメリットになるでしょう。

採用活動は会議室などに多くの学生を集めることや、合同説明会でイスを並べてブースにすることがあると思います。

そうした際に「密」を作らずに済むため、オフィスでクラスターが発生することを防げます。

学生を守ることにもつながり、自社を守ることにもなるため、感染状況が収束するまでオンライン採用の体制を続けることは必須ともいえるでしょう。

業務効率化につながる

2つ目のメリットは、企業側の業務効率化につながることです。

従来の採用活動では、大規模なホールで行われる合同説明会への参加など、採用担当は会場へ移動して説明の準備などを行う必要がありました。

また、学生の選考のために大会議室を抑える、会議室の机やイスを並べ替えるといったことも採用担当の仕事です。

採用をオンラインに移行すればこれらの手間はすべてなくなり、大幅な業務効率化につながります。

会場のセッティングや移動する必要がないため、Zoomなどのシステムの準備だけ行えば問題ありません。

より多くの学生を面接するためには、人事がやり取りできる人数を増やす必要があります。

オンライン採用はそうした課題の解決にもつながり、業務効率化することでたくさんの学生に出会う可能性を広げる手段でもあるのです。

より多くの学生にリーチできる

3つ目のメリットは、従来以上の多くの学生にリーチできることです。

オフラインの採用活動では、地方や海外に住んでいる学生とのやり取りの機会は限られてしまいます。

地方を出て働きたいと考えている学生にとっては、新幹線や飛行機での移動やコストもかかるため、なるべく数を絞って応募していたことでしょう。

しかしオンラインに切り替えることで、自宅にいながら企業の説明を聞くことが可能になり、採用担当と面接するのも簡単になりました。

企業にとっても、遠方に住んでいる優秀な学生を見つけられるようになり、多くの応募者を呼び込めるというメリットがあります。

2. オンライン採用のデメリット

オンライン採用のデメリットは、会社の雰囲気が伝わりづらいことや、対面でのやり取りよりも得られる情報が少ないことです。

それぞれの項目を見ていきましょう。

会社の雰囲気が伝わりづらい

オンライン採用の大きなデメリットは、会社の雰囲気が学生に伝わりづらいことです。

オンラインでは、オフラインよりも得られる情報は圧倒的に少ないと言われています。

学生にとっては、採用担当の話し方やWebページでしか企業の情報を得ることができません。

「社風」は学生がもっとも重要視する項目の一つでもありますから、オンライン採用をやりつつも、適度に直接やり取りできる機会を設けるといいでしょう。

たとえばすべてオンラインで完結させるのではなく、社内見学や、会社のカフェテリアを使った座談会などを適度に取り入れるのがおすすめです。

得られる情報が少ない

オンライン採用では、オフラインよりも得られる情報が少ないことが懸念されます。

応募してくる学生の話し方や顔つきはわかっても、会議室に入る際の所作などの一連のビジネスマナー、人柄などをくみ取るのは難しいでしょう。

オンライン採用では顔しか見えないために、下半身は部屋着で面接をしている、なんて学生もいると聞きます。

得られる情報が少ないがために、自社の求める人物像とミスマッチが起きてしまう可能性は多いにあります。

繰り返し面接を行い、先述のように適度にオフラインのやり取りも含めると、ミスマッチが起きるリスクを回避できるでしょう。

システムの不具合に注意が必要

オンライン採用で注意しなければいけないのはシステムの不具合が起こることです。

顔が見えない、音声が聞こえづらいなど、情報発信が十分にできないと企業のイメージは悪化してしまいます。

説明会や面接を始める前に音声確認の時間を設けたり、事前に操作マニュアルを作成して学生に配布したりする、といった試みが大切です。

またインターネット回線に不具合をきたさないよう、定期的に速度などをチェックすることも効果があります。

オンライン採用ではコミュニケーションの取りづらさという壁がある分、しっかり対策をしておいてください。

まとめ

企業においてオンラインの採用活動を行うメリット・デメリットを解説しました。

オンライン採用は感染対策や業務効率化につながる一方で、得られる情報が少なく、ミスマッチも起こりやすいというデメリットがあります。

適度にオフラインの活動を含めることや、事前に音声チェックなどを行うことで、そうした問題は解消できるでしょう。

オンライン採用のいい点と悪い点を知っていただき、うまくマイナス面をカバーしながら効率よく採用活動を進めていってください。

おすすめ記事