DX(デジタルトランスフォーメーション)

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、スウェーデンのウメオ大学教授エリック・ストルターマン氏が提唱した概念です。「デジタル技術が浸透することで人間の生活のあらゆる面で引き起こす、あるいは良い影響を与える変化」を指します。とても広い概念で社会全体の変化を捉えている言葉です。経済産業省の「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」では、”企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること”と定義しています。