キャズム理論

キャズム理論とは、イノベーター理論で分類された「初期市場」から「メインストリーム市場」へ移行する際に溝(キャズム)があり、それをどう超えるかが市場開拓において重要だとする考え方。イノベーターとアーリーアダプターが新商品などを受け入れる理由は「新しさ」、対してマジョリティは新しいものに比較的慎重で注意深いため「使いやすさ」や「安心感」をアピールすることが重要となっています。