イノベーター理論

イノベーター理論とは、消費者を商品購入態度により5つに分類する考え方。「初期市場」の新しいものを受け入れやすいイノベーター(革新者)、インフルエンサーのアーリーアダプター(初期採用者)、「メインストリーム市場」の比較的慎重なアーリーマジョリティ(前期追随者)、新しいものに懐疑的なレイトマジョリティ(後期追随者)、保守的なラガード(遅延者)に分けられます。