パレートの法則

パレートの法則とは、イギリスの経済学者ヴィルフレド・パレートによって提唱された統計の法則で、経済において数値の大部分は全体を構成する一部の要素が生み出しているという理論。「80:20の法則」「ばらつきの法則」とも呼ばれます。例えば「売上の8割は全顧客の2割が生み出している」「成果の8割は費やした時間全体の2割の時間で生み出している」など、何らかの8割の部分を担う2割に経営資源を投入することで効率よく売上を伸ばせます。経済以外の自然現象や社会現象まであてはまると言われています。

<関連記事>

企業の事業拡大に欠かせない「売上分析」とは?方法や進め方を解説します