スイッチングコスト

スイッチングコストとは、消費者が現在使用している商品・サービスの代替品を購入する際に発生する費用のこと。追加で支払う金銭的コストのほか、手間や時間といった物理的コスト、切り替えに対するストレスや面倒くささのような心理的コストなどが挙げられます。顧客は直接的な利益だけでなく、スイッチングコストを考慮して購買の判断をすると考えられているため、既存顧客へはスイッチングコストをできるだけ高め、逆に新規顧客に対しては低くすることが有効な施策とされています。