ネイティブ広告

ネイティブ広告とは、メディアの広告枠ではなくコンテンツ内に違和感なく表示させ、ユーザーにストレスを与えず情報を届けることを目的としたもの。フォーマットにより「インフォード型」「ペイドサーチ型」「レコメンドウィジェット型」「プロモートリスティング型」「インアド型」「カスタム型」の6種類に分類されます。ネイティブ広告のメリットは広告をコンテンツと同じように見てもらえることですが、ユーザーが見たときに商品・サービスの宣伝のみに留まらず有益な情報を含んでいるかを重視することが大切です。また、ステマ(ステルスマーケティング)と混同されないように、「広告」「PR」などの表示が義務付けられています。