カニバリゼーション

カニバリゼーションとは、元々「人食い、共食い」という意味で、同じ企業内の製品や店舗が売上の奪い合いをしてしまう様子を指します。新商品の導入による既存商品の売上減少、新規チャネルによる既存チャネルの侵食などが挙げられます。一方で、自社の市場シェアをより盤石にするためにわざと戦略的カニバリゼーションを起こし、自社内での競争を促進しさらなる発展を目指すことも。