顧客管理は改善できる?エクセルでの顧客管理から脱却するための方法

顧客管理を行う際にエクセルを活用しており、利便性の面で限界を感じている企業も多いのではないでしょうか。もし、エクセルでの顧客管理に限界を感じているのであれば、別の方法を実践して業務効率を改善する必要があります。

今回の記事では、エクセルでの顧客管理から脱却するための方法をテーマにご紹介します。顧客管理の改善によるメリット、顧客管理におすすめなツールについても解説するので、顧客管理について悩んでいる場合は、是非ご参考にしてください。

顧客管理をエクセルで行うデメリット

エクセルはどの企業のパソコンにも標準でインストールされており、使いやすいことから今日でも様々な用途に活用されています。顧客管理を行うことも可能になっていますが、デメリットがあるのも事実です。

「外で編集しにくい」「複数人で同時に使えない」など様々なデメリットがあるので、1つずつ確認していきましょう。

外で編集しにくい

エクセルでの顧客管理は基本的にPCで行うことが多く、スマホやタブレットだとやり辛いのが事実です。ファイルベースでの管理となるので、外部からアクセスしにくく、外で情報を入力したい場合に不便と感じてしまうでしょう。

セキュリティの関係上、社会からのデータアクセスができない会社だとそもそも外部からの編集そのものが難しくなります。営業先で知りたい情報を調べるといった使い方もできないので、ますますストレスを抱えてしまうはずです。

営業先でも編集、閲覧を考えたい場合は別の方法で顧客管理を行うことがおすすめです。

使っていると動作が重くなることがある

エクセルで編集を行い、編集するデータが増えてくると開くのにも時間がかかるようになります。業務効率の低下はもちろん、開くのに時間がかかると、ストレスが溜まる要因になるので注意が必要です。

また、扱うデータ量が増えると、開くのに時間がかかるだけではなく、動作自体も重くなります。開くのにも編集するのにも時間がかかると他の仕事をする時間が奪われて、ますます業務量効率が落ちてしまうのがネックです。

PCの性能にもよりますが多くのデータを扱って顧客管理をする場合、エクセルは不向きです。

複数人での同時利用が難しい

エクセルはオフラインでのファイルベース管理となるので、複数人での同時利用ができず、不便と感じることがあるでしょう。お互いで確認や入力を行う場合は都度ファイルを共有し合う必要があり、手間になります。

また、リアルタイムでお互いの確認ができないので、誰がどのバージョンのファイルを所有しているのか把握しづらいのもデメリットです。社員同士で同じデータを見ているのに、話しが噛み合わないという事態が起こる可能性もあります。

お互いで十分な確認ができないとミスに繋がりやすくなるので、万全な顧客管理がしづらくなるでしょう。

顧客管理の改善で期待できるメリット

自社に合った顧客管理を行うことで「業務効率の見直し」「売上アップ」など様々なメリットに繋がりやすくなります。いずれも業務・マーケティングの観点から見て大きなメリットと言えるでしょう。

ここからは顧客管理の改善で期待できるメリットについて3つに厳選してご紹介するので、顧客管理の改善を考えている場合のご参考にしてください。 

業務効率の見直し

顧客管理を様々なツールを使って行っている企業もあるのではないでしょうか。そこで使うツールを一元化することで顧客データを1つの場所にまとめることができるので、業務効率や管理の制度を高めやすくなります。

ツールを一元化する場合はCRMと呼ばれる顧客管理システムを導入することがおすすめです。CRMでは効率良く顧客管理ができるのはもちろん、顧客との商談スケジュールの管理や、顧客情報を分析することが可能になります。

顧客管理だけではなく、細かい分析まで考えている企業にとってCRMは特に向いています。

さらなる売上アップの可能性

CRMで顧客管理を行うことで顧客に関する過去の商談情報、購入している自社サービス、月の細かい傾向などのデータを確認できます。データを元に適切なアプローチが可能になるので、アップセルクロスセルを狙う企業に特に便利です。

エクセルなどでも顧客情報を分析することができますが、CRMであれば自動で分析を行ったり、適切な施策を提案してもらえたりします。自社で分析を行う手間が省けるので、より効率よく売上アップに繋がるマーケティングを展開できるでしょう。

無駄なミスを無くせる

エクセルなどで顧客管理を行っていると、リアルタイム管理ができない上にファイルベース管理になり、確認体制が構築できずにミスに繋がりやすくなります。一方でCRMなどの顧客管理システムであれば、複数人管理が可能になることからスピーディな修正が可能です。

オンラインで管理できるようになることで、意思の疎通がしやすくなり、お互いで確認できる体制が整います。お互いでの情報共有のスピードも早くなり、営業員1人1人の業務効率もさらに高まるので、ストレスの少ない業務環境を構築できるでしょう。

顧客管理の改善をめざすなら「mycsess」

出典:mycsess

mycsessは顧客管理だけではなく、売上アップなども積極的に狙えるプラットフォームになっています。売上診断を実施してから使用できるので、診断による売上の伸び余地を見ながら顧客に対するアプローチを練ることが可能です。

営業やカスタマーサクセスにおけるアクションの優先順位も分かるので、業務効率を高めながら、顧客に合った施策を展開できます。セグメントごとに取るべきKPIなども自動で提示してもらえるので、マネジメントの手間を減らすことが可能です。

顧客管理だけではなく、売上に繋がる施策のサポートまで実現したいという企業におすすめなツールになっています。

Mycsessを導入するメリットとは?

Mycsessを導入するメリットとして、顧客管理や売上アップに繋げやすいこと以外のメリットも挙げられます。「予算に合わせたプランが選べる」「プロからのアドバイスが受けられる」企業での活動のメリットになるものばかりです。

ここからはそれぞれのメリットについて詳しくご紹介するので、導入を検討する際のヒントにしてください。

予算に合わせたプランが選べる

Mycsessには下記の3つのプランが存在します。

プランライトプランスタンダードプランプレミアムプラン
価格月1万円~(税別)月3万円~(税別)月10万円~(税別)
特徴・一部機能制限あり・全機能使用可能・全機能使用可能・コンサルティングセット

まずはスモールスタートで始めてみたいという企業向けにライトプランも用意されています。実際に使ってみて、さらに機能を使ってみたいという場合は上位プランに切り替えることも可能です。予算や機能を照らし合わせて最適なプランで運用しましょう。

実際に売上が上がった事例がある

Mycessを導入している企業では、LTVが高い見立ての顧客を仕分ける機能を使い、アプローチ方法もチャットすることで受注率が5%アップしています。顧客単価のアップにも繋がり、総合的な売上のアップに繋がっているのがポイントです。

他にもLTVを基にした仕分け機能で顧客に対するアプローチを見極め、既存顧客のコンペ勝率を改善した事例も存在します。このように事例が多く存在するので、信頼性が高いツールを求める企業にぴったりです。

プロからのアドバイスが受けられる

Mycessは分析だけではなく、プロのコンサルタントとの相談も可能になっており、自社に役立つアドバイスが得られます。営業、カスタマーサクセス、マーケティングなど様々な分野で活躍するプロが在籍しているので心強いサポートが期待できるでしょう。

個別顧客の相談だけではなく、セグメントなどの戦略に関するアドバイスにも対応しており、幅広くバックアップを行ってもらえます。

まとめ

今回の記事では顧客管理におけるエクセルからの脱却が必要な理由、顧客管理に便利なツールなど様々なお役立ち情報をご紹介しました。現在、顧客管理に関して悩んでいる企業に役立つ情報が満載です。

エクセルでの顧客管理でも業務は可能ですが、不便な面が多く、業務効率の改善には不向きです。Mycessのような顧客管理、売上アップに便利なツールもあるので、さらにマーケティング戦略を充実させたい場合に導入を検討してみましょう。