営業支援ツール(SFA)とは?中小企業におすすめのツール10選を紹介

ものやサービスをお客様に売る「営業」は、知識だけでなく、経験やノウハウも重要な仕事です。そのため、営業に慣れていない人や転勤などで新しいお客様を引き継いだ人は、スムーズに営業活動が進まないことも。こうした状況をサポートするのが「営業支援ツール」です。

本記事では、営業支援ツールの概要や利用するメリットについて詳しく解説します。おすすめの営業支援ツールも記事の後半で紹介するので、あわせてチェックしてみてください。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

・営業支援ツールの導入を検討している人

・営業支援ツールを利用するメリットが気になる人

・おすすめの営業支援ツールが知りたい人

営業支援ツール(SFA)とは

そもそも、営業支援ツールとは、その名の通り、効率的な営業活動を実現するために必要な機能が備わったツールのこと。具体的には、案件や顧客の管理機能、売上の予測機能、日報管理機能などが該当します。

Sales Force Automationを略してSFAと表現したり、営業支援システムと呼ぶこともあります。

営業支援ツールを導入するメリット

営業支援ツールを利用した場合に感じられるメリットとして

  • 営業の標準化が実現する
  • 営業の見える化が実現する
  • 効率が良い営業活動をしやすくなる

という3つが挙げられます。1つずつ見ていきましょう。

営業の標準化が実現する

営業支援ツールに営業に関する一連のデータを入力して管理すれば、それまで営業マン1人1人が持っていた情報をまとめて管理することができます。営業は属人化しやすい仕事だといわれていますが、営業支援ツールを導入すれば会社全体でお客様の情報や営業のノウハウを共有できるのがポイントです。

会社として営業活動のレベルアップをはかれるのはもちろん、転勤や退職の際の引き継ぎにも役立ちます。

営業の見える化が実現する

営業支援ツールは入力したデータを元に自動で分析を行ってくれます。したがって、営業支援ツールを活用することによって、営業活動の可視化ができます。

効率が良い営業活動をしやすくなる

営業支援ツールは、営業マンの業務をサポートする機能が備わったツールです。したがって、営業支援ツールを活用することによって事務作業にかける時間の短縮やより良いアプローチ方法が明確になり、営業活動の効率化が図れます。

営業支援ツールを選ぶ際のポイント

営業支援ツールを選ぶときに役立つポイントは

  • 自社の社員が使いこなせそうか
  • ツールを導入する目的は明確か
  • ツールのサポート体制は万全か

の3つ。1つずつ説明します。

自社の社員が使いこなせそうか

どれだけ便利な営業支援ツールでも、実際に利用する社員が使いこなせければ意味がありません。営業マンのITリテラシーのレベルを確認したり、必要・不要な機能を洗い出しておくことが大切です。

ツールを導入する目的は明確か

営業支援ツールを導入するときは、「なぜ導入する必要があるのか」を明確にしましょう。目的がはっきりしていなければ、希望に合う営業支援ツールを探しにくくなります。

目的を明確化した上で、その目的を達成するための解決策となるツールを導入することが大切です。

ツールのサポート体制は万全か

営業支援ツールの中には、導入後もしっかり利用者のサポートをしてくれるものもあります。これまで営業支援ツールを導入した経験がある場合は別ですが、初めて利用する場合は導入後のサポート体制が整っているものを選ぶと安心です。

ツールによっては、サポートが有料になることもあるので導入前に確認しておきましょう。

おすすめの営業支援ツール10選

中小企業におすすめの営業支援ツールを10個紹介します。

中小企業におすすめの営業支援ツール1:ネクストSFA

「ネクストSFA」は、見やすさと使いやすさを重視したツールです。営業体制にあわせてカスタマイズできるので、自社に最適なツールに変更しやすいのが特徴。

初期費用やサポート費用はかかりませんが、基本利用料として毎月5万円の支払いが必要です。

中小企業におすすめの営業支援ツール2:クラウドビート

無料トライアルがある「クラウドビート」は、会社にあわせてカスタマイズができる営業支援ツールです。活用マニュアルも用意されているので、初めて営業支援ツールを導入する企業も使いやすいでしょう。

中小企業におすすめの営業支援ツール3:ちきゅう

「ちきゅう」は、日本マーケティングリサーチ機構の調査で定着率99%のツールです(2020年3月期)。月1,480~と低価格でありながら、豊富な機能で使い勝手が良い点が多くの人に評価されています。

実際に導入した企業のほとんどが1か月~2か月程度で運用を始めているので、「できるだけ早くSFAを導入したい」と考えている人におすすめです。

中小企業におすすめの営業支援ツール4:JUST.SFA

「JUST.SFA」は、営業履歴だけでなく、見積内容まで1つの画面で確認できる営業支援ツールです。リアルタイムで集計データが更新されるため、データを入力した直後でも分析が可能です。

中小企業におすすめの営業支援ツール5:WaWaFrontier

「WaWaFrontier」は、ワークフロー機能も利用できる営業支援ツールです。案件のデータにフィルタを設定できるので、忙しさのあまり案件を放置してしまうという事態を防止することが可能。

月額1,000円から利用できるので、営業支援ツールにあまりお金をかけたくない人にもおすすめです。

中小企業におすすめの営業支援ツール6:Knowledge Suite

「Knowledge Suite」は、CRMやグループウェアと連動できるオールインワンのツールとして知られています。あらかじめ営業スケジュールなどと紐づけておけば、営業日報を簡単に作成できるのがポイントです。

中小企業におすすめの営業支援ツール7:Senses

「Senses」は、AIの技術を用いて入力の自動化やリスク分析などができる営業支援ツールです。パソコンはもちろん、スマートフォンからも情報を登録・確認できるので、外出が多い営業マンにもおすすめです。

中小企業におすすめの営業支援ツール8:Ecrea

「Ecrea」は、漫画で導入手順などをチェックできる営業支援ツールです。月額費用が1,000円からと安いので、「お試しで営業支援ツールを使ってみたい」という人にもおすすめです。

システム形態をオンプレミス型とクラウド型から選択できるので、自社に合う方を選びましょう。

中小企業におすすめの営業支援ツール9:Biz Magic

「Biz Magic」は、シンプルなインターフェイスの営業支援ツールです。中小企業での導入事例も多く、クラウドタイプであれば月額2,000円から利用することができます。

搭載されている機能はシンプルですが、オプションを追加することでワークフローの確認や案件見積もりの登録なども可能です。

中小企業におすすめの営業支援ツール10:ALL-IN

「ALL-IN」は、SFAだけでなく、顧客管理や会計、給与や仕入、在庫管理ができる機能の備わったツールです。中小企業に必要なシステムが1つにまとまっているのがポイントであり、会社の経営状況を画面1つで確認したい人におすすめです。

まとめ

従来、営業は属人化しやすいものであり、営業ノウハウを共有することが難しいものでしたが、営業支援ツールを導入すれば、営業のノウハウを会社全体で共有することが可能です。

本記事で紹介したように、営業支援ツールにはさまざまな種類があります。ツールによって利用できる機能や料金システムが異なるので、自社の条件に合う営業支援ツールを探してみてください。

<参考>

中小企業向けのSFA15選紹介!SFA導入メリットや選ぶ際のポイントもあり(トルテオマガジン)

SFA(営業支援システム)20個を厳選比較(アイミツ)

SFA(営業支援ツール)の比較決定版厳選10選!【2021年最新版】(cyzen)