【成果報酬型の営業代行とは?】料金相場やおすすめの委託先4選

営業代行の委託を検討されている企業担当者の方は「成果報酬型だといくらかかるのか?どんな会社に頼めばいいのか?」など疑問に思うこともあるでしょう。

本当に結果が出るのか、会社を選ぶ際の注意点なども知っておきたいところだと思います。

そこで今回は、営業代行に関する基本的な考え方や料金相場、おすすめの委託先などを紹介します。

営業代行を使うことで売上アップにつなげたいと考えている経営者様や部門担当者の方はぜひ参考にしてください。

成果報酬型の営業代行とは?

成果報酬型の営業代行とは、営業活動を外部に委託して代行してもらい、数字に応じて報酬を支払う仕組みのことを指します。

上手く活用することで自社の営業効率につながり、無駄な出費を抑えることが期待できます。

一連の流れは企業やサービスによってさまざまですが、よくあるパターンとしてはテレアポなどの新規開拓を営業代行会社が行い、アポイントを取得したら委託元の社員が出向く、というものです。

商品の制約まで営業代行会社が行うパターンもありますが、クライアントのフォローをしにくくなることもあるので、業務範囲をどこで切り分けるかが難しいところでもあります。

メリット・デメリット

営業代行をおすすめできる点は効率よく営業できるところや、コスト削減につながるところです。

一方でクライアントの声を直に聞けない点や、仕組み次第で成果の出やすさが変わるところがネックといえます。

それぞれの内容を詳しく見てみましょう。

 メリット

優れた点としては、効率よく営業できるようになるところと、コストをミニマムにできる2つがあげられます。

新規開拓など、まだ関係値が浅い相手とのやり取りは代行会社に任せて、その後のフォローや関係構築を委託元の社員が行うことで、メリハリをつけられます。

また営業代行には固定報酬型もありますが、コストの面では成果報酬型が有利です。

いわゆる「歩合制」と同じ形式になり、成果が出た分に応じて金額を支払うことで無駄な支出を抑えられるからです。

自社のスタッフを多く抱えているものの、思うように成果が出ない場合は、思い切って営業代行と自社のスタッフの両軸を使い分けることで効率がよくなり、数字が伸びる可能性が高まります。

 デメリット

懸念されるのは、営業活動を外部に委託するために利用者の声をキャッチしづらくなることです。

特に新規開拓から成約まで委託先のスタッフが担当する場合、自社のスタッフが利用者とやり取りする機会が著しく減ってしまいます。

自社の商品をコンスタントに売り続けるためには、ユーザーの意見を聞き改善を重ねることが欠かせません。

したがって、営業代行会社を活用する際は、定例の場を設けて密に情報共有するなど、利用者との関係性が浅くならないよう気を付ける必要があります。

また、「売れやすい仕組み」が構築されていないと、期待していたような成果が上がらないこともあります。

もともと自社が売っていた商品に実績があれば、新規開拓する際も潜在顧客に魅力を感じてもらえる可能性が高いです。

しかしそもそも売上実績がなければ、市場のニーズに合っていなかったり、価格設定に無理があったりする可能性があります。

その他のいい点、悪い点に関しては以下の記事に詳しくまとめていますので、興味がある方はご覧ください。

料金相場

料金相場としては、アポイント1件あたり10,000~20,000円程度といわれています。

成約まで代行会社が請け負う場合は、売上の3~5割ほどを支払うのが一般的です。

自社にとって適切な料金を決めるためには、自社のスタッフが営業活動にかけている時間をコストに置き換えてみることです。

サービスの原価や、成約に持って行くまでにかかる時間によって多少の差があるので、委託先とよく話し合って落としどころを決めてみてください。

おすすめの委託先4選

これから委託先を探す方向けに、おすすめの企業を4社紹介します。

セレブリックス

セレブリックスは歴22年のノウハウを持つ営業代行・コンサルティングを請け負っている企業です。

複数のプランを持ち合わせており、インバウンド対応や訪問・テレアポ対応などさまざまな形態に対応しています。

コンサルティング事業も展開しているため、営業代行だけでなく自社のセールスにおける課題を分析し、新しい戦略を練るサポートも行っています。

参考:セレブリックス

完全成果報酬

名前のとおり成果報酬型の営業代行に特化した企業であり、初期費用と月額固定費が完全無料であることを売りにしています。

会社によっては完全報酬型と言ってもその他の費用が発生することもありますが、そうした心配は不要で、コスト削減を重視したいときに向いています。

アポイント費用やクロージング費用など各項目の料金もわかりやすく、必要であればトークスクリプト納品やクライアントリスト作成なども請け負っています。

参考:完全成果報酬

アソウ・ヒューマニーセンター

アソウ・ヒューマニーセンターは人材派遣事業を幅広く展開している企業です。

作業範囲は基本的にアポイントの取得までで、メールや電話などを用いた業務を中心に請け負っています。

また商談の質を上げるための仕組み構築も行っており、全面的なサポートをしてもらえることも特徴的です。

参考:アソウ・ヒューマニーセンター

セールスジャパン 

セールスジャパンは営業代行における総合商社としてソリューション事業を中心に展開しています。

アポイント取得は無料で、クロージング後に売上が成立したら報酬が発生する仕組みです。

仮にアポイントを取得しても、成約につながらなければ無料のままなのは発注元にとって嬉しいところです。

 参考:セールスジャパン

委託先を決める際の注意点

委託先を決める際は、まず自社の課題を明確にしてから売上拡大につながるパートナーを選ぶことが大切です。

たとえば自社の課題がクロージングにあるのなら、アポイント取得までを委託しても売上拡大にはつながらない可能性があります。

クロージング率を高めたいなら、一旦成約までの流れを任せて、ノウハウをフィードバックしてもらうという方法が有効です。

自社が注力するべき作業と、代行してもらう作業をうまく棲み分けて、効果が高い代行会社を選定することが大切になります。

営業代行を活用して売上アップを成功させるためのポイントは、以下の記事にまとめていますのでご活用ください。

まとめ

成果報酬型の営業代行に関する基本情報やおすすめの委託先、注意点などを解説しました。

営業代行は業務効率化やコスト削減につながる有効な手段ですが、結果を出すためには仕組みづくりや、業務範囲の最適な棲み分けをすることが不可欠です。

自社の状況を分析したうえで、導入した際の効果を上手く評価しながら、業績アップに結び付けていただければと思います。