営業代行とは?営業代行の料金相場やメリット・デメリットも解説!

ライバル企業がひしめき合う中で新規顧客を獲得したり、販路を拡大することはとてもコストがかかります。

そんな中で注目を浴びているのが営業代行サービスです。営業代行を導入することで、ノウハウやリソースが不足する企業でも顧客の獲得や販路の拡大を期待できます。

そこで今回は、営業代行を依頼するメリット・デメリット、どんな商品やサービス、事業が営業代行に向いているのかをご紹介します。あわせて、営業代行を導入する際の注意点についても解説します。

営業代行を導入する3つのメリット

まずは、営業代行を導入することで企業が得られるメリットを3つご紹介します。

自社の営業よりも効率的に営業効果を得られる

分野や商材、サービスにもよりますが、一般的に営業は一朝一夕で効果が出るものではなく、人材育成や扱う商品の学習に社員のリソースを費やす必要があります。

しかし、中小規模の会社であれば慢性的な人材不足に悩まされているところも多く、それほど営業活動にばかり時間を割けない場合もあるでしょう。

そこで、営業代行に営業の一部を依頼してしまえば、社員の学習時間や営業時間を大幅にカットすることができます。

その結果、新しい分野への挑戦や、より社内でリソースを割くべき仕事に注力することができます。

成果報酬制でリスクを最小限に減らして依頼できる

営業代行は営業に特化したプロフェッショナルな集団であるため、依頼先の営業マンも豊富な営業経歴を持つ人が多くいます。

もしも社内に営業経験がある人がいない場合、経験豊富な営業マンに営業を任せてしまうのも手です。

また、営業代行は固定費と成果報酬制で依頼できるところが多いため、成果が出なければ成果報酬として支払う金額は少なくなります。

そのため、依頼して成果が出なかった場合のリスクを最小限に抑えることが可能です。

新規顧客の獲得や販路拡大に最適

依頼先の営業代行によっては、既存の人脈や企業ネットワークを活かし、依頼主がアプローチすることが難しい顧客層にアプローチすることが可能です。

これにより、新規顧客の獲得や販路拡大が狙えます。

新たな顧客を取り込むことに課題を感じている会社におすすめです。

営業代行を導入する際のデメリット

営業代行はデメリットが生じてしまうケースもあります。以下の点に気を付けて依頼先を考えましょう。

営業代行の費用対効果を計算しなければ失敗に終わることも

営業代行は固定費と成果報酬により支払いを行うため、どの程度商品が売れればどの程度支払いが発生し、残りが利益になるのかあらかじめ見積もっておく必要があります。

特に、元から利益率が低い商品を販売している場合は注意が必要です。できるだけ営業により大きな利益が発生する商品を代行の対象としたいところです。

営業代行に依存した利益構造になってしまう恐れがある

広告などと同じく、営業代行も頼りきりになってしまうと自社のリソースだけで利益を上げることが難しくなり、営業代行に依存した利益構造が出来上がってしまう恐れがあります。

また、営業代行に多くの事業を長期間任せると、社内に営業ノウハウが蓄積せず、結果的に営業のできる人材が生まれないという構造的なリスクも存在します。

営業代行は必要な商品やサービスに限定して依頼するのも手です。

顧客の細かなニーズやクレームが社内に届かない恐れがある

営業は商品やサービスを販売するだけでなく、顧客とのコミュニケーションの機会でもあります。

顧客から商品やサービスに関する率直な意見を貰う貴重な機会ですが、営業代行に依頼するとその声が社内に届かない恐れがあります。

しかし、これは営業代行担当者との積極的なコミュニケーションを心がけることである程度解消できるでしょう。

営業代行の料金相場について

営業代行には、固定報酬型と成果報酬型の2種類の料金形態が存在します。

固定報酬型では、営業スタッフ1名の料金相場はおよそ月額500,000円~700,000円となります。ただし、依頼する商品、サービスに高度な知識や専門性がある場合などは料金が高額になるケースがあります。

成果報酬型の場合は、アポイントによって報酬が変動する仕組みになっています。アポ1件あたり15,000円~20,000円程度のところが多いようです。

成果報酬型も営業する商品やサービスの専門性などによって料金が前後する場合があります。特に、1件当たりの額が大きく変動する場合、成果報酬型では多額の予算が求められる場合もあります。

まとめ

営業代行では社内に営業ができる人材がいないなど、リソースが限られている場合に有効な手段となります。

営業代行を上手に利用することで、効率的に利益を生み出せるかもしれません。

一方で、営業代行は依存しすぎると人材が育たないなどのデメリットも生じる恐れがあります。

必要な商品やサービスにだけ営業代行を活用するなど、社内の長期的な目線も大切にしましょう。

おすすめ記事