CRMとは?導入する際のメリットやおすすめツールもご紹介!

「CRMという言葉をよく聞くけど実際にどのようなものなんだろう?」
「CRMを導入することでどのようなメリットが生まれるのだろう?」

このように考えている企業の担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。CRMを導入することで自社の業務管理をさらに効率化することが可能です。

今回の記事では、CRMを導入する際のメリットやおすすめツールについて詳しくご紹介します。導入する際の注意点やおすすめのCRMツールについても記載しているので、CRM導入を考えている場合は是非、ご参考にしてください。

CRMとは?

CRMは「Customer Relationship Management」の略となっており、日本語で顧客関係の管理という意味があります。顧客情報を集め、自社の顧客への対応を改善しさらなる関係性の発展を狙うことが主な目的です。

そこで自社でCRMを行う際に便利なのがCRMツールの存在です。CRMツールを活用することで自社の膨大な顧客データを集約し、分析できます。他の管理システムとの連携が可能になっているものも多く、自社の業務効率を改善することも可能です。

顧客へのメルマガ配信やイベント告知を行う機能が備わっているCRMツールも多いため、自社の情報発信にも役立ちます。

CRMツールを使ったCRMマーケティングについて

CRMマーケティングはCRMツールを活用し、顧客管理を行った上で顧客に合った施策を展開するマーケティング手法です。顧客の属性、状態によってアプローチ方法を変えることができるため、より効率的なアプローチができます。

顧客ごとに効率よくアプローチする場合は、顧客情報の取得や管理はもちろん、自社内でのデータ共有や分析も必須です。情報を精査した上で多くの社員の意見を聞きながら、適切なアプローチを施す必要があります。

情報収集や分析が不足していると、アプローチに結びつかず成果に繋がらないので注意しましょう。

企業がCRMツールを使うメリット

CRMツールを行うメリットとしては顧客情報を一元管理を行い、リアルタイム共有が可能な点です。商談の見込み、失注、営業プロセスなど細かく管理できる上に、社員間でスムーズに共有も可能なので、さらなる業務効率化に繋がります。

さらに既存顧客への効率的なアプローチも可能となっており、クロスセルアップセルなど売上向上に繋がる活動ができます。既存顧客との関係性を長期にわたって良好に保ちたい場合に便利です。

また、トラブルが起きた際にもフォローが受けられる上に、データベースが充実していることが多く、担当者の引き継ぎもスムーズに行うことができます。これらのように顧客との関係性や、自社の業務効率を重視する際に便利です。

CRMツールを使う時の注意点について

CRMツールは自社のデータベース構築や業務効率の改善を図る際に最適なツールです。何か変化があったらデータを入力していき、自社でデータベースを拡充する必要があります。データベースを充実させるほど社内で役立つツールになります。

また、データベースを充実させるだけではなく、集めたデータを社内で分析しないと意味がありません。顧客の情報、売れている商品やサービスなどを十分に分析した上で、マーケティング施策に活かすことが求められます。

CRMにはメルマガ、イベント告知の機能も付いていることが多いので積極的に活用することが大切です。クライアントとコミュニケーションを取ることを意識し、CRMを活用していきましょう。

CRMツールを選ぶ際に重要なポイントについて

CRMツールを選ぶ際は、自社に必要な機能が用意されているか確認することが大切です。どのように営業に活用できるできるのか、メルマガ、分析機能が充実しているかなど自社が求める機能があるのかチェックしましょう。

また、導入サポートまで行ってくれるCRMツールを探すのも重要なポイントです。導入サポートがあると、初めてCRMツールを利用する場合でもスムーズに自社に導入できます。

本格的に導入する場合は使い勝手を試すことも必要になります。使いにくいCRMツールだと導入後の社内での使用率が下がってしまうので注意が必要です。無料でトライアルできるCRMツールも多いため、まずはトライアルを行い使用感を試した上で導入を検討しましょう。

CRMツールをさらに上手につかうコツとは?

CRMを社内で上手に使うためには使用する際のルールを決めることが重要です。スタッフごとにデータを入力する際のルールなどを細かく決めておくことで、ミスの発生を防ぐことができ、効率よくツールを使えます。

安定してCRMツールを運用していくためには、ツール導入後に運用、サポート体制を整える必要があります。社内マニュアルの制定を行い、運用ルールの統一を図ると、社内でトラブルなくCRMツールを運用することが可能です。

サポート体制に関しても、開発側とすぐに連絡を取れるように整えておくことが大切です。チャットツールでの連絡網を整えるなど、開発側と連絡できる体制があると、トラブルがあった場合でもスムーズな解決に繋がります。

おすすめのCRMツールとは?無料で使えるツールもご紹介!

国内ではCRMツールが多く販売されています。販売している企業によってCRMの特徴や得意分野も変わってくるため、自社に合ったCRMを選ぶことが大切です。

ここからはおすすめのCRMツールについてご紹介します。無料のツールについても解説するので、比較する際の検討材料にしてください。

HubSpot

出典:HubSpot

HubSpotは無料で使えるCRMツールとなっており、マーケティング、営業、コンテンツ管理、カスタマーサービスなど幅広い業務に活用できます。無料ツールとは思えない多くの便利な機能を搭載しているのがメリットです。

他の営業ツールなどのとの連携も見越して開発されているので、自社で様々なツールと連携する際にも便利です。なるべくツール同士で連携させて自社の業務効率の改善を図りたいという企業に向いています。

また、有料版へとチェンジすることもできるようになっており、機能としてオートメーションツール、ブログ構築、分析テストの実行などが可能になります。より多くの機能を使いたいという場合に最適です。

セールスフォース

出典:セールスフォース

セールスフォースは国内でも多くの企業が導入しているCRMツールとなっており、信頼性の高さが感じられます。直感的に操作できるユーザビリティの高さがポイントで、導入後にすぐに使いこなすことが可能です。

特に営業支援に関する機能が充実しており、自社の収益を増加するサポートを行ってくれます。自社の社員の育成、売上予測、営業計画へのアドバイスなど便利な機能が網羅されているのが強みです。

また、無料デモから使用することができるので、実際の使い心地を確かめた上で導入を検討できるのもメリットとなっています。30日間無料で使用することが可能なため、検討材料として活用することがおすすめです。

Zoho CRM

出典:Zoho CRM

Zoho CRMは顧客管理や営業支援をサポートしてくれるCRMツールとなっており、自社の顧客データ管理や売り上げアップを実現できます。直感的に操作できるようになっていることから使用感も抜群です。

マーケティングオートメーションも充実していることから、CRMに登録された顧客に、アプローチを実施し、結果の記録も自動で保存してくれます。手入力の手間が省けるので、業務効率を改善する際にも便利です。

分析レポートの活用も可能で、自社のデータをスムーズに可視化してくれます。顧客データや売上情報を社内で共有する際に活躍してくれるでしょう。セキュリティ性も高いので、初めてCRMツールを導入する際におすすめです。

CRMツールを使ってさらに管理しやすい体制を作りましょう!|まとめ

今回の記事ではCRMの詳細、実施する際の注意点など役立つ情報をご紹介しました。CRMマーケティングを自社で行う際に必要なポイントを押さえた内容になっているので、これからマーケティング施策を実行しようと考えている企業に向いています。

CRMツールを活用して自社の顧客に適切なアプローチを行うことで、自社のさらなる売上アップを狙うことが可能です。ただ、ツールを使用するだけではなく意味がなく、注意点やポイントを把握することで効果を発揮します。

そのため、今回の記事を参考にした上で、自社でCRMマーケティングを実施しましょう。