【中小企業向け】SEOの基本&おすすめツールを一挙紹介!

Webサイトを立ち上げても、訪問者が少ないと意味がありません。訪問者を増やすには、Googleなどの検索エンジンで上位に表示されることが必要ですが、そのための対策を検索エンジン最適化、SEO(Search Engine Optimization)といいます。

このSEO対策を効果的かつ効率良く実施するために活用したいのがSEOツールです。SEOツールとは何か、そして、いったいどのようなものがあるのか、分かりやすく紹介します。

SEOツールの種類

SEOツールには

  • 検索順位チェック
  • キーワード選定
  • 被リンクチェック
  • リンク切れチェック
  • コピペ診断
  • 競合分析・調査
  • SEO解析・分析

などがあります。それぞれについて、簡単に紹介します。

検索順位チェック

検索順位の高さは自社サイトの訪問者数に直結します。今後の対策を考えるうえでも、まず最初に現状を把握することが大切です。検索順位チェックができるツールでは、検索順位について調べることができます。

キーワード選定

検索エンジンで情報を検索する時には、「キーワード」を入力しますが、このタイプのツールを利用すれば、自社サイトがどのようなキーワードで検索されたときに表示されているのかを知ることができます。

被リンクチェック

被リンクとは、外部のサイトに自社サイトのリンクが張られること。この被リンクの数や、リンクを張ってくれたサイトの信頼度は、自社サイトの検索順位に影響を与えます。これらは検索順位を決める重要な指標であり、把握してお食ことが大切です。

リンク切れチェック

サイトに張られたリンク先をクリックしても、リンク先にアクセスできない。これを「リンク切れ」といいます。「404 Not Found」という画面がこの状態ですが、自社サイトに張ったリンクが切れていると、訪問者の信頼を損ないます。とはいえ、コンテンツが充実したサイトでは、すべてのページを人力で確認するのは大変なこと。このタイプのツールを利用すれば、サイト内にリンク切れが無いかどうかを手軽にチェックすることができます。

コピペ診断

文章などをコピーしてペースト(貼付け)する行為を「コピペ」といいますが、自社サイトに他サイトの文章をコピペするのは著作権上の問題はもとより、検索エンジンの評価がガタ落ちし、検索順位が下がってしまいます。そして、コピペのコンテンツがあると判定されると、自作の文章がコピペと判断されることも。このような状況を回避するためには、コピペ診断ツールを活用することがおすすめです。

競合分析・調査

自社サイトを上位に表示させるためには、競合に勝つことが大切です。そのため必要なのが競合の強みや弱み、強化しているキーワードなどを把握すること。競合分析・調査ができるツールを使えば、競合がどのキーワードでどの程度の検索順位を獲得しているか、どの程度のアクセス数を得ているかを把握することができます。

SEO解析・分析

自社サイトを上位に表示させるためには、自社サイトのコンテンツを解析・分析し、足りない箇所を補う対策を立てることが大切です。SEO解析・分析ができるタイプのツールを活用すれば、自社サイトの問題点をまとめて抽出することができます。

SEOツールの利用料は無料と有料、2タイプ

自社サイトを上位に表示させるために活用したいSEOツールには、無料で使用できるものと有料タイプとがあります。無料タイプは、有料タイプに比べて劣る点はありますが、無料タイプでもサイト診断や検索順位などをしらべることは可能。

したがって、SEOツールに割ける予算が無い場合や、どのSEOツールを利用するか迷う場合は、まず無料タイプを活用してみると良いでしょう。

有料ツールのメリット・デメリット

有料ツールのメリットとして挙げられるのが、その機能性の高さです。無料ツールでは機能が限られていたり、細かい設定ができないことがありますが、有料ツールの場合、より細かいデータを得ることができます。

大手企業やプロも有料ツールを活用しており、信頼性も高いといえるでしょう。収益を上げたい、という企業には、有料ツールを導入することがおすすめです。

一方、そのデメリットは、コストがかかるということ。自社の予算に応じて、利用するツールを選ぶと良いでしょう。

おすすめの無料ツール7選

無料ツールというと「機能は大丈夫?」と思われるかもしれません。しかし、有料ツール顔負けの機能を持つものも多くあります。

そこで、ここではおすすめの無料ツールを7つ、ご紹介します。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、Googleが提供しているツールです。自社サイトに訪問したユーザーがどうやってサイトに来たのか、サイト内でどのような動きをしたのか、ユーザーの使用媒体(PC,タブレット,スマホなど)やアクセスした回数・時間帯、滞在時間などを把握することができます。これらの情報で自社サイトの現状を正確に把握し、自社サイトの改善に役立てましょう。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleの検索データベースから、キーワードの検索状況やGoogle広告の推奨入札単価などを調べられるツールです。これらの情報は自社サイトで強化したいキーワードの選定に役立ちます。なお、ツールには有料版も存在します。有料版は機能が豊富で、より精度の高い情報を得ることができますます。

GRC

GRCは、自社サイトや競合サイトの検索順位を調査、記録できるツールです。簡単な操作で、自社サイトの現状や競合サイトとの優劣といった情報を取得することができます。グラフなどへのメモ機能もあり、自社がいつどんな対策をしたか?その結果どうなったのか?の振り返りも可能。今後のサイト設計の見直し、SEO対策の検討に大いに役立ちます。

ラッコツールズ

ラッコツールズは、特定のキーワードに関連した競合サイトの情報を簡単に入手できるツールです。指定したキーワードで上位表示される競合サイトの見出しや文字数を抽出することが可能。上位表示される競合サイトと自社サイトの情報に大きな乖離がある場合、上位サイトに寄せていくことが上位表示の近道ですが、ラッコツールズは競合の手の内を知ることに役立つツールといえるでしょう。

パワーランクチェックツール

パワーランクチェックツールは、ドメインパワーを計測できるツールです。ドメインパワーとは、自社サイトのドメインが持つSEOでの優位性のこと。このパワーが強いほど検索順位が高くなり、ユーザーが訪問しやすくなります。ツールで自社サイトと競合サイトの優劣を把握し、対策に活かしましょう。

リンクチェッカー

リンクチェッカーは、自社サイト内にリンク切れがあるかをチェックできるツールです。操作は簡単で、URLを入力するだけ。結果の取得に5分程度の時間がかかりますが、高精度のチェックを行えるので、定期的に利用しましょう。

CopyContentDetector

CopyContentDetectorは、自社サイトに掲載した文章が、他サイトの文章と類似していないかどうかをチェックすることができるツールです。意図せずコピーに近い文章になっていることもあるので、検索エンジンからの評価ダウンを回避するために活用しましょう。

目的別おすすめの有料ツール

無料ツールを7つ、紹介してきましたが、ここでは、目的ごとのおすすめツールを紹介していきます。

検索順位チェック

・BULL

BULLは、自社サイトに掲載した記事の順位を自動でランキングにしてくれるツールです。Googleだけでなく、YahooやBingなどの順位も表示してくれるうえ、ランキングの変動の原因まで探ってくれる優れものです。

・SERPmetrics

SERPmetricsは、GoogleとBingでの検索順位の変動を確認できるツールです。機能がシンプルで、気軽に使えるのが特長です。

キーワード選定

・キーワードマップ

キーワードマップは、キーワード選定を分かりやすく表してくれるツールです。マインドマップの形式なので直感的に現状を理解することができます。機能の解説も丁寧で、とても使いやすいのが特長です。

・キーワードファインダー

キーワードファインダーは、選定したキーワードでSEOを行う際の難易度や月間の検索数などの情報を入手することができるツールです。細かい機能が充実している分、価格も高めになっています。

被リンクチェック

・Link Explorer

Link Explorerは、自社サイトの被リンクの数や、リンク元サイトの信頼性などの情報を入手できるツールです。被リンクの分析に大いに役立ちます。

・Ahrefs Site Explorer

Ahrefs Site Explorerは、競合の被リンク状況などの抽出に特化したツールです。海外ツールではありますが、日本語にも対応しているので安心して使用することができます。

コピペ診断

・影武者

影武者は、記事の外注を行った際に、納品された記事が他サイトのコピペである可能性を分析するツールです。どのサイトのどの部分と重複しているかを簡単に把握できます。

・COPIPERIN

COPIPERINは、チェックしたいファイルを選択するだけで、Web上の類似文章の有無をレポートで受け取れるツールです。記事の作成を外注している場合におすすめです。

競合分析・調査

・SimilarWeb

SimilarWebは、競合サイトのデータ通信の量や密度、サイト内の人気コンテンツなどの計測ができるツールです。無料でも使えますが、有料版では調査の精度が格段に上がります。

・Bright Local

Bright Localは、店舗運営をしている企業向けのツールです。地名や店舗名をキーワードに競合の情報を抽出することができます。ただし、日本語に対応していないので、日本語対応のものを利用したい場合、Bright Localはおすすめできません。

SEO解析・分析

・Site Condor

Site Condorは、サイトのリンク構造を視覚的に把握できるツールです。サイト設計の最適化を目指す場合の現状把握に役立ちます。

・DemandMetrics

DemandMetricsは、自社サイト、競合サイトのキーワード順位やSNSなどの情報を入手できるツールです。価格は高額ですが、それに見合った多彩な機能は必見です。

まとめ

いかがでしたか?SEOで対策が必要な項目は多岐にわたります。これらの対策を効率的かつ効果的に進めるためには、SEOツールの活用がおすすめです。

SEOツールには無料タイプと有料タイプとがありますが、SEOツールの導入を初めて検討しているという企業は、まず、無料ツールを導入し、より精度の高い機能を活用したい、という時に有料ツールを導入すると良いでしょう。

SEOツールを活用し、自社サイトへのアクセス・収益増加を目指してください。

<参考>

【2020年最新版】SEOツールおすすめ20選を大公開!(PINTO!)

Googleキーワードプランナーとは?意外な使い方と代替ツール完全まとめ(Keyword marketing)

SEOツールラボ(GRCの概要)

RAKKOTOOLS(ラッコツールズ)の使い方!ライバルサイトの見出しを抜き出す手順を解説(DOWELL!)

パワーランクチェックツール(アクセスSEO対策ツールズ)

RAKKOTOOLS(ラッコツールズ)の使い方!ライバルサイトの見出しを抜き出す手順を解説(DOWELL!)

有料・無料のSEOツールを比較|おすすめ27選をご紹介【2020年版】(EmmaTools)

SEOチェックツール10個 + 50選(SEOラボ)