魅力的なランディングページの作り方|基本からポイントまで分かりやすく解説

「インターネット広告で集客しよう」と考えているなら、魅力的なランディングページを作成する必要があります。しかし、インターネット広告に初めて携わる人やランディングページを作成したことがない人からすれば、何から始めればいいか判断できないでしょう。

そこで今回は、ランディングページの作成方法について、分かりやすく紹介します。

この記事は、

  • ランディングページとは何か基本から理解したい人
  • ランディングページの作成に頭を悩ませている人
  • ランディングページの具体的な作り方が知りたい人

におすすめの内容です。ぜひ参考にしてください。

ランディングページ゙LP)とは

そもそもランディングページとは、ネット上に掲載した広告などの他ページのリンクの週着地点になるページのこと。公式サイトとは違って、特定商品・サービスに関する情報が1つのページにまとめられたものがランディングページだと理解するといいでしょう。

略して、「LP」と表記されることもあります。

中小企業がランディングページを作成することで、

・広告に惹かれるユーザに対して最適化したページを作りやすい
・情報を1つのランディングページにまとめられるのでページ遷移による離脱が少なくなる
・サイト全体を最適化するよりも費用が少なくすむ

などのメリットが期待できます。

ランディングページ゙の作り方

ランディングページを作るには、準備と構成が重要です。
それぞれのポイントについて、分かりやすく紹介していきます。

準備

ランディングページはいきなり作成してできるものではありません。
ランディングページで顧客に対して当該商品・サービスの魅力を最大限に伝えるためには、万全の準備が必要です。

準備①ペルソナを設定する

ペルソナとは、中小企業である自社がターゲットにする人格像のことです。
性別や年齢だけでなく、済んでいる都道府県や生い立ち、名前、生年月日なども設定します。

自社の商品・サービスのペルソナを設定することで、特定の顧客が何を求めているのか、何に興味があるのかなどを明確にすることができます。

準備②ニーズをリサーチする

商品開発をするときなどと同様に、ランディングページを作成するときも顧客のニーズをしっかりリサーチしることが大切です。顧客が自社に対して何を求めているのか、ブランドイメージはどのようなものか、などを徹底的に洗い出すといいでしょう。

準備③自社や市場の分析をする

自社の強みや弱み、市場のニーズ、競合他社の有無や動きなどを調査して分析しましょう。ただ分析するだけでなく、ランディングページに結果をしっかりいかすことが大切です。

準備④最終的なゴールを設定する

ランディングページにアクセスした顧客に、最終的にはどのようなアクションを起こしてほしいのかを明確にしましょう。

例えば、

  • 商品の購入手続き
  • 商品・サービス資料請求
  • サービスの予約手続き

などのようなゴール設定を設定するとよいでしょう。

構成

ランディングページを作成する準備ができたら、構成を考えます。顧客に商品やサービスの魅力を伝えられるかどうかは、ランディングの構成にかかっているのでしっかり取り組むことが大切です。

ランディングページの構成にはいくつかの種類がありますが、オーソドックスでありながら効果が期待できる構成は

1.喚起:ファーストビューでユーザの心を掴む

2.結果:購入などのアクションを起こした場合の結果を記載する

3.証拠:上記の結果につながる証拠を提示する

4.共鳴:商品・サービスのユーザの声を掲載して読者に共感させる

5.信頼:新聞や有名人の推薦など、権威ある第三者の意見を紹介する

6.ストーリー:商品・サービスが誕生したストーリーを紹介する

7.クロージング:今すぐアクションすべき理由を掲載する

8.PS.:アクションするべきだとさらに念押し

というもの。構成に悩んだ場合は、ぜひこのステップに沿って作ってみると良いでしょう。

ランディングページ゙を作る際のポイント

ランディングページを作成する場合、闇雲に情報を掲載するのではなく、

・ファーストビューに知りたい情報を

・ターゲットの興味を引くキャッチコピー

・顧客目線で

・顧客の声を紹介

などのポイントを意識することが大切です。以上4つのポイントについて、詳しい内容を解説します。

ファーストビューに知りたい情報を

ファーストビューとは、顧客が最初に目にするランディングページの上部のことです。ランディングページに来た顧客が離脱するかどうかは、ファーストビューによって決まります。

顧客が知りたいと思っている情報が目につく場所に掲載されていることが大切です。

ターゲットの興味を引くキャッチコピー

顧客が興味を持ちそうな情報を入れ込んだキャッチコピーをランディングページに掲載すると、最後まで目を通してもらえる可能性が上がります。顧客ニーズの核をつくだけでなく、読みやすい文字で簡潔に記載するのも大切なポイントです。

顧客目線で

ランディングページは、必ず顧客目線で作成しましょう。単に商品やサービスの説明をするのではなく、顧客が「この商品・サービスを購入すれば自分にとってたくさんのメリットがある」と感じるような情報を掲載することが重要です。

顧客の声を紹介

先に少し触れましたが、実際に自社の商品・サービスを利用した顧客の声をランディングページに掲載するのも有効です。利用者が以前抱えていた悩みは、ランディングページに来た顧客も抱えている可能性があります。

当該商品・サービスを購入したことでその悩みが解決されたと知れば、ランディングページに来た顧客がアクションを起こすかもしれません。

ランディングページ゙作成の際におすすめのツール

最後に、中小企業がランディングページを作成する場合に利用すると便利なツールをいくつか紹介します。1からランディングページを作成すると時間がかかるので、これから紹介するツールを活用しながら自社の魅力を最大限に引き出せるランディングページを作ってみるのも良いでしょう。

Colorful(カラフル)

カラフルは、ワードプレスのテーマということもあり、ZIPファイルをアップロードするだけでセットアップが完了する優れモノです。プラグインをインストールすれば、誰でも簡単にランディングページの作成ができるので、ワードプレスを利用している企業にはカラフルがおすすめです。

ぺライチ

ペライチは、国内のランディングページ作成ツール中で大きなシェアを誇っています。無料でランディングページを作成できるスタートプランが用意されているので、初めてランディングページに挑戦する企業にとって使いやすいツールといえるでしょう。

ただし、ペライチのスタートプランで作成できるランディングページは1つだけ。また、フッターに広告が表示されたり、独自ドメインが使えなかったりもするので、トライアル感覚での利用がおすすめです。

まとめ

企業がネット広告をうつ場合、顧客にとって分かりやすくて魅力的なランディングページを作成することが重要になります。今回紹介した内容を参考に、自社に合ったランディングページを作成してみましょう。


<参考>

【完全保存版】必見!成果を上げるランディングページの作り方(LISKUL)

【構成で差をつける】ランディングページの効果的な制作の仕方(株式会社)

【WEB制作会社不要?】中小企業が格安でハイクオリティなLP(ランディングページ)を作る方法【ノースキルでOK】(DXプロデューサー芦田哲也)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー