【2020年度版】中小企業の会計効率化に役立つ会計ソフト10選

企業経営とは切っても切れない関係である会計業務。必須業務であるゆえに、効率化が求められます。ところが、IT化が進む現代でも、手書きの伝票や、Excelで管理している中小企業もまだまだ少なくありません。

これらの会計手法は、「経営や財務の実態に実感を持てる」「帳簿記入に詳しくなる」などのメリットがありますが、スピーディーな会計処理、会計データの企業経営への活用を考えると、十分とはいえません。

そこで、おすすめしたいのが、一連の経理業務を自動化する「会計ソフト」の導入です。会計ソフトとはどのようなもので、どういうことができるのか、そして、選ぶ際のポイントはどういうものなのか、分かりやすく紹介します。

会計ソフトはクラウド型とインストール型の2タイプ

会計ソフトは、「クラウド型」と「インストール型」の2つのタイプに分けられます。それぞれの特徴について紹介します。

・クラウド型

クラウド型とは、パソコンにソフトをインストールせず、インターネットを介して会計ソフトを利用する方法です。データの保存場所もパソコンではなく、ソフト会社のサーバー上。そのため、自社のサーバーが故障してもデータを守ることができます。

利用料金は月額又は年額の定額制。導入の際の初期費用を抑えることができ、法令の改正などは自動的に反映されるというのがメリットです。

インストール型

インストール型は、パソコンにソフトをインストールするスタイルのこと。クラウド型の浸透が進んでいる現在でも、こちらが多数派を占めます

買い切りなので初期費用が発生しますが、長期間利用すれば、クラウド型よりもコストが抑えられるのがメリットの1つ。ただし、法令が改正される際は、ソフトのバージョンアップが必要なため、追加費用が発生します。

会計ソフトでできること

手書きやExcelでの会計処理では、「簿記の知識がある人」が「ミスに気を付けながら」伝票の記入や仕訳帳への転記などを行い、試算表や決算書類を作成します。

会計ソフトを用いれば、仕訳時に勘定科目を自動で選択し、転記されるため、特別な知識が不要なうえ、ミスも大幅に減少されることができます。最新の財務状況を簡単に把握することができるので、経営の意思決定や資金繰り管理などに役立てることができます。

会計ソフトを選ぶ際のポイント

会計ソフトを選ぶ際に「特に外せない項目」として

  • 価格
  • 他のソフトとの連携
  • サポート
  • 機能
  • 対応OS
  • システム形態

などが挙げられます。それぞれの項目について1つずつ見ていきましょう。

・価格

会計ソフトは便利なツールですが、その機能や性能はソフトごとに異なります。そして、多機能・高性能になればなるほど、その価格は高くなります。

導入するなら、多機能・高性能のソフトが良い、と思う方も多いかもしれませんが、自社に不要な機能・性能があっても、役立てることはできません。

自社の規模や業種にあったソフトを選びましょう。

・他のソフトとの連携

会計ソフトには、他のソフトと連携が可能なものもあります。

また、特定のソフトと連携していなくても、CSV形式(カンマで区切ったテキストファイル)での出入力が可能なソフトも。自社のシステムと連携ができるかどうか、事前に確認するといいでしょう。

・サポート

ソフトを使った作業にトラブルはつきものです。そのトラブルに自社で対応できれば問題ありませんが、ソフトのトラブルを解決するためには、専門家の意見が必要なことが多くあります。

トラブルの際に慌てずに済むよう、サポートがどうなっているのか、しっかり確認しておくようにしましょう。

・機能

価格の項目でも触れましたが、自社に必要な機能を調べ、その機能を有する会計ソフトを選ぶことが大切です。機能の多さのために作業が混乱したりしては本末転倒です。

・対応OS

会計ソフトは、他のソフトやアプリと同じく、対応していないOSでは使うことができません。

「Windowsには対応しているが、Macには対応していない」「Windowsでも、対応しているのは○○バージョン以降」といったことが多々あるので、事前に確認しましょう。

・システム形態(クラウド型またはインストール型)

上述したように、会計ソフトはクラウド型とインストール型に分かれます。それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、自社の経営スタイルに合ったものを選びましょう。

おすすめの会計ソフト10選

「会計ソフト」にはさまざまなものがあります。ここからは、会計ソフトの中でも多くの企業に利用されている、おすすめのものを紹介していきます。

・freee

freeeは、個人事業主から中小企業の経営者におすすめのクラウド型会計ソフトです。操作がとにかく簡単で、分かりやすいことが最大の特長。

会計の知識がなくても、操作方法や数字を入力する箇所がすぐに分かります。freeeのスマホアプリは、レシートや領収書をカメラで読み取る機能も搭載。

無料で利用することができますが、有料プランは個人なら月額1,180円、法人は月額1,980円からとなっています。

30日間の無料お試し期間があるため、操作性を体感することができます。

・弥生

弥生は、手厚いサポートを受けたい企業におすすめのクラウド型会計ソフトです。業界最大規模のカスタマーセンターによる、チャットや電話でのサポート体制が充実。ソフトの操作のみならず、日々の細かい科目処理や仕訳で悩んだ際にも気軽に相談することができます。

利用料金は月額1,857円から。最大2カ月のサポートがついています。

・マネーフォワードクラウド会計

マネーフォワードクラウド会計は、個人事業主から大企業まで幅広い規模に対応するクラウド型会計ソフトです。ある程度の簿記の知識が必要となりますが、AI(人工知能)の働きによって、使えば使うほど自社にマッチした仕様へと進化。

銀行口座や電子マネー、POSレジなどとも連携可能です。

利用料金は月額3,980円から。1カ月の無料お試しが可能です。

・会計らくだ

会計らくだは、簿記の知識がなくても使いやすい、小規模の企業におすすめのインストール型の会計ソフトです。「決算は税理士へ、記帳は自社で」というスタンスの記帳専用のソフトで、設計はシンプル。

パソコン初心者でも直感的に使うことができ、サポートも充実しているので安心して導入することができます。価格は12,000円で、対応OSはWindowsとなっています。

・勘定奉行クラウド

勘定奉行クラウドは、カスタマイズ性に優れた定番の会計ソフトで、小規模企業から中堅企業まで幅広く活用することができます。知名度の高いインストール版が基本でしたが、時代の変化に合わせてクラウド版がリリースされました。

会社の規模を設定すると、その規模の企業に適用される法令が反映されます。料金は年額160,000円。無料お試し期間が設定されています。

・GLOVIA iZ会計

GLOVIA iZ会計は、管理会計を強化したい中堅企業におすすめの会計ソフトで、クラウド型・インストール型のどちらかを選ぶことができます。会計以外に、「経営」「人事給与」「販売」「生産」などの管理もオプションで追加でき、基幹業務を統合したシステムの構築が可能。

これによって、複数の業務情報の関連を可視化し、全社的な業務の効率化と経営判断の精度向上が可能となります。料金については、公式HPから問い合わせる必要があります。

・PCAクラウド

PCAクラウドは、基幹業務全体を効率化したい企業におすすめのクラウド型会計ソフトです。会計の他にも、給与計算や人事、販売管理や人事管理なども一元管理できるので、管理が非効率となっている基幹業務全体の見直しにも有効。また、高機能のサーバーを採用しており、年間稼働率実績も99.9999%と安定感も抜群です。

無料お試し期間が3カ月間とかなり長めに設定されているので、しっかり試用することができます。

・FX4クラウド

FX4クラウドは、自社の経営管理を強化したい企業におすすめのクラウド型会計ソフトです。蓄積したデータを元に独自の経営管理資料を作成することができるので、経営状態の把握や意思決定にも活躍。TKC経営指標も利用できるので、競合他社との比較も容易に行えます。

また、他社の販売管理や原価管理といったシステムとの連携も可能です。料金は機能が優れている分だけ高めの設定ですが、参加費無料でFX4クラウド体験会が実施されているので、気になる方は参加されるといいでしょう。

・HANJO会計

HANJO会計は、これまでご紹介したソフトとは一線を画す「飲食店」に特化したクラウド型会計ソフトです。スマホでレシートや領収書を撮影すれば、AIが勘定科目を自動で推測。簡単に仕訳登録することができます。

特定のネットレジサービスを使用している場合は、HANJO会計と連携させて自動で売上データを登録することも可能。料金は1,980円から、申込みの翌月末まで無料で使用することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

会計ソフトの種類は多く、小規模向けのソフトや中堅企業向けのソフト、業種を絞って飲食業に特化したソフトなど、その特長は様々です。自社の規模や組織の抱える問題、他のツールとの連携などを考えて、自社の課題にマッチしたソフトを選ぶことが大切です。

<参考>

【税理士監修】おすすめ会計ソフトを徹底比較!確定申告にも!(税理士が教えるお金の知識)

会計ソフト24選比較!中小企業や個人事業主におすすめの会計ソフトを紹介!(Torteo magazine)

中小企業が知っておきたい会計ソフトのすべて(クラウドERP実践ポータル)