【徹底解説】マネージャーの仕事とは?役割や必要な能力を説明します

「マネージャーの仕事内容ってどうなるの?」
「マネージャーに必要なスキルって何なんだろう?」

このように悩んでいる営業担当の方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

将来的にマネージャーになりたいと考えている場合、具体的な仕事内容や必要なスキルが知りたくなりますよね。

今回の記事では、マネージャーの仕事について詳しく解説します。

記事の後半部分ではマネージャーの知識を学べる本についても解説しているので、ぜひご参考にしてください。

「将来的にマネージャーになりたい」「必要なスキルを身に着けたい」と考えている営業担当者の方に、必見の内容です。

マネージャーの仕事とは?

マネージャーは、組織の人員を管理し、方針や目標に沿って、チームをまとめて指導していく仕事です。

部下に対してフィードバックを行い、強みを見出して成長できるようにアドバイスしていく必要があります。

指示を出すだけではなく、育成する必要もあるので、決して楽な仕事ではありません。

また、部下やチーム全体でミスがあった場合は、責任を問われることも多いのが特徴です。

時には理不尽な形で責任を負うこともあるので、マネージャーを目指す場合はあらかじめ把握しておきましょう。

一般的なマネージャーの役職

一般的なマネージャーの役職としては、主に下記の4つが挙げられます。

ゼネラルマネージャー
エリアマネージャー
プレイングマネージャー
プロジェクトマネージャー

それぞれの役職の特徴について詳しくご紹介するので、1つずつ確認していきましょう。

1. ゼネラルマネージャー

ゼネラルマネージャーは「総支配人」「総責任者」という意味を表しています。

経営方針や目標に合わせて組織の構築、経営資源の配分、人材開発といった事業戦略を考えるのが主な仕事です。

会社全体の将来を左右するポジションなので、スキルが必要になる上に責任を大きく問われるのが特徴と言えるでしょう。

全体の進捗管理を行う必要があるので、全体を俯瞰して把握できる高いマネージメントスキルがないと務まりません。

報酬が大きくアップする傾向にありますが、その分、スキルや責任感がない方では務まらないポジションと言えるでしょう。

2. エリアマネージャー

エリアマネージャーは名前の通り、各エリアの監督を任されるポジションです。

担当エリアの営業所や店舗を統括する必要があるので、エリアで何が起きているのか常に把握する必要があります。

エリアの傾向を把握して「目標の設定」「各担当者とのミーティング」「認識の共有」など様々な業務を進めていきます。

ゼネラルマネージャーほどではありませんが、エリアマネージャーにも広い視点を持つことが必要とされるでしょう。

3. プレイングマネージャー

プレイングマネージャーは、現場の業務をこなしながら管理者としての職務も並行して行うポジションです。

手も動かしながら管理や育成も行うので、マルチタスクがこなせる方でない限り、続けるのが難しいと言えるでしょう。

また、業務のバランスを上手く保つことが難しいのが特徴です。

自分の成果を追い求めるあまり、チームの管理や育成ができないとマネージャーとしての職務を果たせません。

プレイングマネージャーを目指す場合は、「マルチタスクをこなせるのか」「うまくバランスを保てるのか」確認したうえで検討しましょう。

4. プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーはプロジェクトを任される業務になっており、プロジェクトを円滑に進めて行く必要があります。

予算管理、品質管理、納期の調整、各メンバーの管理など様々な業務を任されることが多いです。

プロジェクトそのものを動かせるのでやりがいのある仕事ですが、細かなチェックが求められます。

進捗状況の把握、納期の調整を常に意識する必要がある上に、有事の際は責任を問われることも多い役職です。

マネージャーに必要な能力

マネージャーに必要な能力として代表的なものは下記の4つが挙げられます。

適切なアドバイス
公正な判断能力
経営に関する知見
自己管理能力

これらはいずれもマネージャーに必要とされる能力になるので、目指す場合は早い段階で身につけることが大切です。

1. 適切なアドバイス

マネージャーのメイン業務の1つとして、部下の育成が挙げられます。

そして、部下の育成を行う場合はしっかりと相手の意見をヒアリングして、改善に導いていくことが大切です。

そのうえで部下1人1人に対して、適切なアドバイスを行いパフォーマンスを向上させていきます。

部下の弱みだけではなく、強みもしっかりと把握した上で相手を尊重してフィードバックしていくことが大切です。

相手に改善を要求するだけではなく、具体的にどのような行動をすればいいのかという点についてもしっかりと指導していきましょう。

2. 公正な判断能力

マネージャーは、上司と自分が所属しているチームのパイプ役になることが多いです。

そのため、両方の意見をしっかりと聞き、どちらか片方に偏らないように注意する必要があります。

上司とチームの両方の意見やアドバイスを尊重しながら、マネージャーとして公正な判断を下すことが大切です。

公正な判断を下せないと、上司やチームから不満を持たれたり、評価が下がったりすることがあります。

3. 経営に関する知見

マネージャーは常に結果を求められるので、数字や目標を追い続ける必要があります。

目標達成のためには成果のデータ、資源の状況、進捗を確認し、自分のチームの状態まで細かく把握することが大切です。

自分のチームを経営するという意識を持ち、日々の業務に対して臨機応変に対応する必要があります。

4. 自己管理能力

マネージャーは、自己管理能力が強く求められるポジションです。

特にプレイングマネージャーを目指す場合は、必須のスキルと言えるでしょう。

プレイングマネージャーは自分の業務も多く処理していく必要があるので、自己管理能力が低いと仕事が回らなくなってしまいます。

そのうえで、チームのパフォーマンスをしっかりと管理する必要があります。

自分のタスク、チームの状況を細かく確認し、仕事を円滑に進める意識を持ちましょう。

マネージャーの仕事を学べる本3選

マネージャーの仕事を学ぶ際は本で学ぶと、コストを抑えたうえで質の高いスキルを習得できます。

そこで、マネージャーの仕事や知識について学ぶ場合は、下記の3冊の本がおすすめです。

マネジャーの最も大切な仕事
これからのマネジャーの教科書
3分間コーチ ひとりでも部下のいる人のための世界

ここからは、それぞれの本の特徴について詳しく解説します。

1. マネジャーの最も大切な仕事

こちらの本は、ハーバード教授と心理学者が長年の研究で得たマネージャーに対する知見を学べるものです。

社員のモチベーションを維持させ、パフォーマンスを向上させるコツが記載されており、そのまま実務で応用できる内容に仕上がっています。

膨大なデータやエビデンスも多く記載されているので、信頼性が高いのもポイントと言えるでしょう。

ストーリー部分になっている部分も多いことから、読みやすいのも本書の強みです。

2. これからのマネジャーの教科書

マネジメントに必要な要素や能力について体系的にまとめられており、初めて本格的に学ぶ方におすすめの本です。

キリンビール、パナソニックなど大手企業で働いている方の事例もあるので、イメージを深めながら学べるのも本書の特徴と言えるでしょう。

「これからマネージャーになりたい」
「マネージャーにとって必要なスキルを理解したい」

というかたにピッタリな本になっています。

3. 3分間コーチ ひとりでも部下のいる人のための世界

こちらの本では、3分間コーチという独自の人材マネジメント術を学べます。

どのように部下に指導すればいいのか詳しく説明されているため、部下やチームへの指導方法を学びたい場合にピッタリです。

人材マネジメントに必要なプロセスが一通り学べるので、本気でマネージャーを目指す方に読んでいただきたい一冊になっています。

本でも知識を学んで、マネージャーに必要なスキルを理解しましょう!|まとめ

マネージャーになるためには公正な判断能力、経営に関する知見など様々な能力が必要になります。

有事の際は責任を大きく問われるので、ストレス体制や自己管理能力も問われることが多いです。

簡単になれるものではないので、相応の努力を積んでいく意識が必要です。

今回の記事ではマネージメントが学べる本についても解説しているため、合わせてご参考にした上で日々の勉強に取り組んでいきましょう。