勤怠管理システムKING OF TIME(キングオブタイム)の使い方や機能、メリットを解説!

「KING OF TIME(キングオブタイム)」は、インターネット環境があればどこでも利用できるクラウド型の勤怠管理システムです。退勤や時間外の集計など基本的な勤怠情報がクラウドファンディングを上に保存されるため、既存の勤怠管理に比べて大きなメリットがあります。

特に、エクセル表やアナログのタイムカードを利用してきた会社にとっては、勤怠管理システムを導入することで効率的で正確な勤怠管理が可能になります。

そこで本記事では、「KING OF TIME(キングオブタイム)」の機能の解説や導入するメリットについて詳しくご紹介します。

KING OF TIME(キングオブタイム)とは?

「KING OF TIME(キングオブタイム)」は株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供元のクラウド型勤怠管理システムです。

打刻情報をブラウザ上にリアルタイムで記録し、管理者は反映された情報を閲覧することが可能です。勤怠管理をデジタル化することで入力ミスや打刻忘れをチェックし、管理コストを削減することができます。

KING OF TIME(キングオブタイム)の機能

出典:キングオブタイム

キングオブタイムは、会社内の勤務ルールを反映した勤怠システムの構築が可能です。

例えば、残業時間を会社内で制限している場合や、有給休暇を必ず取得しなければならない月など、就業ルールに基づいて自由に勤怠ルールを設定できます。

また、職種や役職など個人単位でルールの設定が可能で、事務所などの拠点単位でも権限を付与することができるため、各勤怠管理の担当に現場の管理を任せることもできます。

現場の状況や会社の事情に合わせて柔軟に設定が可能なキングオブタイムは、勤怠管理をアナログからデジタルに移行したい会社にとっても優しいシステムです。

キングオブタイムの使い方

キングオブタイムには非常に多くの打刻方法がありますが、ここでは職場の各自の端末で打刻する場合とテレワークによる打刻の2パターンについてご紹介します。

職場で各自のPCにより打刻する方法

出典:キングオブタイム

キングオブタイムには様々な打刻機能がありますが、ポピュラーな方法である各自の端末で打刻する方法をご紹介します。

まずは、キングオブタイムが導入されている端末でIDとパスワードを入力し、キングオブタイムにログインします。

出典:キングオブタイム

ログイン後、出勤時には「出勤」ボタン、退勤時には「退勤」ボタンを押すだけです。

テレワークを導入している場合の打刻

出典:キングオブタイム

キングオブタイムにはWindowsのログオン・ログオフで自動で出退勤打刻ができるシステムがあります。

仕事用の専用PCがあれば、テレワーク時の打刻もログオン・ログオフにより自動打刻が可能です。

出典:キングオブタイム

これにより、勤務実態に即した正確な勤怠管理が可能です。

KING OF TIME(キングオブタイム)を導入するメリット

ここでは、キングオブタイムを導入するメリットを4つご紹介します。

実態に即した正確な勤怠管理が可能

キングオブタイムは、社員が打刻申請を行い、管理者が承認することでクラウド上に打刻情報が反映、保存されるものです。打刻されていない日は画面上で確認可能なため、すぐに対処可能です。

アナログで勤怠管理をしている会社にありがちなのが、給料算定日に直前に打刻漏れをまとめて処理するというケースです。

まとめて打刻漏れを処理すると、正確な出勤や残業時間などがわからなくなり、トラブルになる恐れがあります。キングオブタイムを導入することで、このようなリスクを軽減することが可能です。

便利で柔軟な打刻機能によって管理コストが削減できる

キングオブタイムの打刻には以下のような種類があります

  • ICカード打刻
  • 指紋認証打刻
  • パスワード認証打刻
  • WEBブラウザ打刻
  • GPS打刻
  • Windowsログオン・ログオフ打刻
  • チャット打刻

例えば、テレワークを導入している会社であれば、Windowsログオン・ログオフ打刻を利用することで打刻が可能です。

また、外回り営業や出張など出先での打刻はGPS打刻を利用することでリアルタイムで打刻情報が反映されます。

社内の勤怠ルール遵守が徹底される

出典:キングオブタイム

最近は働き方改革がさけばれ、勤怠ルールの遵守がより求められるようになりました。

キングオブタイムを活用すれば、残業時間をデータで正確に可視化することができ、どの部署の誰に業務の負担が大きいのか一目でチェックすることができます。

また、キングオブタイムでは残業の申請を行う機能もあるため、管理職が残業をその都度チェックすることができます。

残業時間を毎月チェックし今後の人員配置やプロジェクトの見直しをすることで、勤怠管理システムのデータに基づいたPDCAサイクルの構築も可能です。

まとめ

今回ご紹介したように、キングオブタイムには豊富な打刻システムと打刻情報の管理により、実態に即した正確な勤怠管理が可能です。

これまでアナログで管理していた会社も、簡単に導入できるシステムですので、ぜひこの機会に効率的なシステムを構築してみてはいかがでしょうか。

参考
キングオブタイム

おすすめ