フィードバックの意味とは?成果を出せるやり方も合わせて簡単に解説

「部下ができたけどフィードバックをどのようなやり方でやればいいか分からない」

このように悩んでいる先輩社会人の方もいらっしゃるのではないでしょうか。自分に部下ができると正確なフィードバックをするために色々と悩んでしまうことも多いでしょう。

今回の記事ではフィードバックの意味から、成果を出せるやり方まで詳しく解説します。企業で使われるフィードバックの種類についても例文付きでご紹介するので、今回の記事を読んで部下に的確なフィードバックを行いましょう。

フィードバックの意味とは?

ビジネスの現場で活用されるフィードバックは、相手の行動や成果に対して改善点を洗い出し、伝えることでさらなる向上を図ることを意味します。ビジネスの場面では上司から部下に向けてフィードバックされることが多いのが特徴的です。

実際にフィードバックを行うことで目標に向けて行動改善できるだけではなく、モチベーションやスキルアップのきっかけに繋げることが可能です。上司と部下の信頼関係の構築にも繋がるので、的確なフィードバックを行う意味は大きいと言えるでしょう。

混同されやすい「フィードフォワード」との違いについて

ビジネスの現場で混同されやすいのが「フィードフォワード」となっています。実際にフィードバックとフィードフォワードには下記の相違点があるのがポイントです。

  • フィードバック:部下の過去の行動や改善点を確認して、日々の行動を見直すためのアドバイスを施すこと。
  • フィードフォワード:部下の未来を予見して、あくまでも前向きな姿勢でより良い行動ができるようにアイデアを出すこと。

このように着眼点や思考が対のようになっている点が、フィードバックとフィードフォワードの最大の違いです。違いを理解した上で状況を見ながら部下に的確なアドバイスができるようにしましょう。

企業で使われるフィードバックの種類とは?例文付きで解説!

企業で使われるフィードバックは主に下記の4つの種類に分かれます。

  • ポジティブフィードバック
  • ネガティブフィードバック
  • サンドイッチ型フィードバック
  • SBI型フィードバック

これらの種類はそれぞれの特性が異なるため、部下に的確なフィードバックを行う際は違いを十分に理解することが求められます。ここからはそれぞれのフィードバックの種類について詳しくご紹介するので、1つずつ細かく確認していきましょう。

ポジティブフィードバック

ポジティブフィードバックは言葉の通り、部下の行動の優れた点に対してポジティブな言葉でモチベーションを高める方法です。部下の頑張りや成果を褒めて、まずは自信を付けさせたいという場合に向いています。

(例)「今回のクライアントへの課題解決に対する提案が見事だったね。〇〇さんの相手の立場になって考える姿勢が活きた瞬間だったと思う。」

このように部下の良かった点を具体的かつ、理由を添えてフィードバックできると部下のモチベーションを高める際に効果的です。

ネガティブフィードバック

ネガティブフィードバックは部下の行動や成績が振るわなかった際に活用される手法です。ポジティブフィードバックと異なり、否定的な意味合いがある内容を告げる必要があるので、言葉には気を付ける必要があります。

<例>「今月の営業成績は未達だったね。データを見ると日々の行動に無駄が多いから、稼働日の行動量や顧客の優先順位を見直して来月は必ず営業目標を達成しよう。」

上記の例のように相手を攻撃しないように気を付けた上で、次に繋がるアドバイスができると効果的です。

サンドイッチ型フィードバック

サンドイッチ型フィードバックはネガティブな注意を、ポジティブな言葉で挟んでフィードバックを行う手法です。ネガティブフィードバックのモチベーションが下がるリスクを抑えることができるので的確なフィードバックに繋がります。

<例>「昨日の▢▢とのオンライン商談上手くいったね。ただ、相手に導入後のイメージをさせることがで少しできていなかったね。次の商談時は相手に導入後のイメージをよりできるように企業のことをもっと調べてみよう。」

SBI型フィードバック

SBI型フィードバックは状況・行動・影響の順番で部下にフィードバックを行う手法です。状況・行動・影響の順番でフィードバックすると、フィードバック内容が相手に繋がりやすくなります。

<例>「昨日の営業電話について少しいいかな。僕がアドバイスした内容にプラスで自分ならではの改善点を入れていたよね。その影響もあって先方も喜んでたよ。これからも僕のアドバイスだけでなく、自分で物事を考える姿勢を続けていけると良いな。」

フィードバックの効果的なやり方とは?

フィードバックはただ行うだけでは意味がありません。タイミングを見計らったり、部下の能力に合った様々なやり方が存在します。これらのやり方を無視してしまうと的確なフィードバックに繋がらない恐れがあるので十分な注意が必要です。

ここからはフィードバックの効果的なやり方について詳しくご紹介するので、部下に正しい教育を行う際のヒントにしてください。

部下に適切なタイミングで伝える

部下にフィードバックを行う際はタイミングが重要になります。成果を出したり、何か失敗をしたりと適切なタイミングでフィードバックを行うことで、そのままフィードバックの内容が結びつきやすくなるからです。

タイミングを逃してフィードバックをしてしまうと部下に「なぜ今なんだろう?」と思われ、あまり聞く耳を持たれなくなる可能性もあります。そのため、部下が何か行動をした場合はなるべく早くフィードバックを行いましょう。

部下の能力に合わせる

社員の能力は人によって大きく異なる場合があります。そのため、フィードバックを行う部下の能力に合わせないでフィードバックを行ってしまうと、部下も改善するモチベーションが起きなくなるのが事実です。

そこで、フィードバックを行う際は部下の能力に合わせて、実現できる内容を伝えるようにしましょう。部下の実績や実力に合わせたフィードバックを行うことで、部下もプレッシャーを感じずに改善行動を行うことが可能です。

具体的かつ簡潔な内容でアドバイスする

部下にフィードバックを行う場合は、あらかじめ伝えることに具体性を持たせた上で簡潔に伝えましょう。部下にアドバイスを行う際は不明かつ長々とした内容だと、全く伝わりません。分かり辛い指示だと改善ができないので部下が混乱することもあり得るでしょう。

実際には下記のように要点を先に伝え、具体性を持たせるために理由まで明記できると理想的です。

<例>

「先日のクライアントに対するプレゼンは〇〇さんの伝えたいことがまとめられていて分かりやすかった。ただ、クロージングをする時の一言に押しの弱さを感じたので次回までに改善してほしい。」

部下の立場になって伝える

フィードバックを行う上で注意したいのが自分の目線で意見を押し付けないことが大切です。データなども参考にしながら部下の立場になって、フィードバック内容を考えてから伝えましょう。

客観性を持って、事実に基づいたフィードバックを行うことで部下もフィードバック内容を素直に受け入れやすくなります。くれぐれも自分目線のみのフィードバックを部下に伝えて部下のモチベーションを下げないように気を付けましょう。

まとめ

今回の記事ではフィードバックの意味や、部下が成果を出せるようなフィードバックのやり方をご紹介しました。フィードバックの種類や例文も合わせてご紹介しているので、実際にそのまま参考例として活用することができます。

フィードバックには様々な種類ややり方があるので、状況や相手によって的確なフィードバックを行うことが重要です。そのため、今回の記事をご参考にした上で部下に積極的にフィードバックを図ってさらなる成果の向上や成長を促しましょう。