タイピングが遅くて、PC業務とスマホの文字入力が苦痛…そんな忙しい経営陣にオススメの文字起こしアプリTexter(テキスター)のご紹介!

リモートワークが普及したことで、必然的にパソコンと向き合う時間が増えましたよね…

ただ、これまでパソコンをあまり触っていなかった方や、スマホをあまり触らない方はタイピングにかなりの時間とストレスを感じていると思います。

本記事では、そんなPC、スマホの文字入力が苦手という中小企業の経営者の方へ向けて音声で簡単に文字起こしができるアプリTexter(テキスター)をご紹介します。

「タイピングや文字入力がストレスでチャットやメールが苦手….」

「オンラインでもコミュニケーションを円滑に進めたい」

そんな方はぜひ最後までご覧ください!

Texster(テキスター)とは

Texter 文字起こし

早速、本記事のメインであるTexter(テキスター)についてご紹介します。

Texterは、

・録音

・文字起こし(音声から文字を認識して文字起こししてくれる)

・テキスト変換(画像から文字を認識して文字起こししてくれる)

の機能が備わっている基本無料のアプリです。

機能詳細については後ほどご紹介しますのでここでは

「音声を文字変換してくれるアプリ」

とだけ認識していただければ充分です。

なぜなら、この音声を文字変換してくれるというのが、タイピング、文字入力が苦手な方にとって非常に便利な機能なので、ここだけでも覚えておいて欲しいからです!

なぜPCやスマホ操作が苦手な方にオススメ?

では、Texterをなぜオススメするのか?

それは、

機能の1つである文字起こしが非常に便利だから!

です。

この文字起こし機能とは、アプリに向かって話しかけるとその音声を読み取って、自動で入力し文字に起こしてくれるというものです。

メモ 効率化

イメージとしては、

「秘書に対して今から言うことメモとって!!」といって秘書にメモをとってもらうというシーンがあるとしましょう。

この時、秘書は紙などにメモを手書きで入力すると思います。

このアプリはこの秘書の役割を果たしてくれます。

これが文字起こしのイメージになります。

どんな場面で文字起こしは便利?

さて、この文字起こしはどんな場面で便利なのかを、本記事を届けたい

・PCのタイピングが遅い

・スマホの文字入力が遅く苦手

という方へ向けてご紹介します。

Texterが便利だと感じる場面は

①メールやチャットを入力する時

②メモ変わり

です!

これは、後ほどTexterの使い方をご紹介するのでここでは簡単な理想の利用方法をご紹介します。

=========Texterが便利なシーン============

メールに返信しないと…ただ、文字入力がめんどくさい…

Texterを使おう!

①Texterを起動して伝えたいメッセージを話す

②Texterが文字入力してくれる

③入力してくれた文字をコピーしてメールにペーストして返信

===============================

といったように、Texterの聞き取りミスがない限り、ほぼタイピングすることなくメールやチャットの文章を作成できてしまうのです。

また、この文字起こしをしたものはTexterでリストとして補完されますので、メモ代わりにTexterで文字起こししてもらうということも可能です。

ただ、これではいざ利用しようと思ってもわかりづらいと思いますので、機能のご紹介を兼ねて利用方法をご紹介します!

Texter利用までの流れ

アプリダウンロード

こちらからTexterのダウンロード画面に移行してください。

そして、通常のアプリと同じようにダウンロードをお願いします。

※筆者はすでにダウンロードしているため「開く」ボタンに変わっています。

Texter ダウンロード

そして、アプリを開いてください。

文字起こししたいメッセージを話す

アプリを開くと下記写真のような画面が表示されます。

ここで文字化したいメッセージをボタンを押しながら話します。

話している最中はボタンを押し続けてください!

Texter 音声入力

話し終えたらボタンから手を離します。

リストに追加される

文字起こししたメッセージを話し終えボタンから手を離すとリストに、伝えたメッセージが入力されます。

このリストボタンをクリックしてメッセージを確認できます!

Texter リスト追加

リストは、新しいものが上に表示され、未読の場合未読数も表示してくれるので便利です!

Texter メッセージ

テキストを確認する

では、実際に文字起こしができたのかリストをクリックして確認しましょう!

今回は「テキスター」が「テスター」と誤認識されています。

Texter 誤認識

このように入力ミスがあった際は任意の箇所を修正することができます。

テキストを長押しして必要箇所を修正しましょう!

文字入力の手間が1箇所だけなのでこの全文を入力するよりも、タイピングが苦手な方にとっては非常に楽ですよね!

■テスターをテキスターに変更するため、長押して変更します。

Texter 修正

■変更後

Texter 変更

テキストをコピーしてメールなどのペースト

さて、伝えたいメッセージを確認できたらあとはこの文書をコピーしてメールに添付して完了です!

■テキスターで確認したテキストをコピーする

Texter コピー

■メールなどに添付する

Texter メール添付

あとは送信するだけです!

これによって、タイピングが苦手な人でも少し手間が省けるのではないでしょうか?

また、この他にも外国語を日本語に文字起こししてくれる翻訳機能など様々な機能があります。

ぜひ、ご自身で触ってみて自分なりの使い方を見つけてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

タイピングが苦手な人にとって苦痛な入力作業を効率化できるので、これまでチャットやメールを敬遠していた方は、リモートワークで負担が増えたと感じている方はぜひこのアプリをうまく活用してみてください!

毎月先着10社!ITツールの無料導入支援

ITツール 導入支援

’’こちら’’から導入支援対象ツールをお選びください!

無料メルマガ登録

新着記事情報や、最新ニュースをお届けします。

オススメ記事

<参考>

Texter