ビジネスにおけるエンゲージメントの意味とは?高めるための要素や方法を徹底解説

「エンゲージメントという言葉を聞く機会が増えたけど、実際にどんな意味なの?」
「エンゲージメントってどうやって高めるの?」

このように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。エンゲージメントという言葉だけでは、実際の意味が中々見えてこないですよね。

今回の記事では、ビジネスにおけるエンゲージメントの意味、エンゲージメントを高めるための方法について詳しく解説します。

これからエンゲージメントについて理解を増やしたいという方は、ぜひご参考にしてください。

ビジネスにおけるエンゲージメントの意味とは?

エンゲージメントは、「約束」や「誓約」を意味する単語です。

ビジネスでの意味に置き換えると、生産性の向上、従業員と企業の結びつきを表す意味合いがあります。

セールス領域においては、企業と顧客の関係性作りを指して「顧客エンゲージメント」と呼ばれることが多いです。

エンゲージメントが高いと、お互いの信頼関係が構築されやすいので新たなビジネスチャンスが生まれたり、相互で貢献しあえたりすることに繋がります。

1. 人事領域の場合

人事領域でのエンゲージメントは、会社に対して従業員が抱いている「愛着心」「愛社精神」「思い入れ」と解釈されます。

従業員が組織に愛着、貢献する精神をもち、従業員と企業が一体になって相互で貢献し合い、絆を強めることが重要視されます。

優秀な従業員が、会社に対してしっかりと愛着心を持ち、会社と共に成長していく言葉として近年、人事領域で注目されているのです。

2. 従業員の場合

従業員エンゲージメントでは、企業と従業員とが相互に協力し合い、共に絆を強めて、成長できる関係性を築いていくことを指します。

従業員のモチベーションに直接かかわってくる部分なので、企業経営にプラスの影響をもたらされるのが最大のメリットです。

自社の士気だけではなく、直接の利益に繋がりやすいことから、従業員エンゲージメントを重要視する企業が増えています。

従業員エンゲージメントを定期的に確認するためにも、どの企業でもアンケート調査を行い従業員の価値観を把握するように努めています。

従業員エンゲージメントを高める要素3選

従業員エンゲージメントを高める要素として、下記の3つが挙げられます。

  • 理解度
  • 行動意欲
  • 共感度

いずれも重要な要素なので、1つずつ確認していきましょう。

1. 理解度

従業員エンゲージメントを高める際には、従業員が会社の方向性や理念を具体的に理解し、支持してくれることが大切です。

そのため、企業のビジネスにおけるビジョンや方向性と、従業員の方向性、モチベーションが一致していないといけません。

従業員からの理解度を高めたいのであれば、企業は明確な経営方針やルールを作り、従業員に対して十分に説明することが大切です。

また、説明不足な部分があると、従業員が疑問を抱きやすくなるので、細かく説明できる体制を作りましょう。

2. 行動意欲

従業員エンゲージメントで重要視されるのが「行動意欲」です。

従業員の行動意欲を引き出すことによって、求められる以上のパフォーマンスを発揮してくれます。

行動意欲を引き出したいのであれば、下記の行動を行いましょう。

  • 仕事に対する適切なフィードバック
  • 成果に応じた正当な評価

これらがかけてしまうと、従業員は仕事に対するやりがいや、モチベーションを失いやすいです。

十分なマネージメントや管理を行い、従業員の行動意欲を引き出せる環境作りを意識しましょう。

3. 共感度

従業員エンゲージメントを高めたいのであれば、共感度も重視しましょう。

具体的には、従業員が属している組織や他のチームメイトに対して、帰属意識や誇り、協力し合う気持ちを持っている状態が望ましいです。

企業に対する共感度が高まると、組織に貢献する意欲や良質なチームワークが形成されます。

従業員同士でチームワークが形成されると、より高い仕事の成果が期待できるでしょう。

自社の一体感を高めて、連携を強めるためにも共感度は必ず意識しましょう。

従業員エンゲージメントを高めるための方法4選

従業員エンゲージメントを高めたいのであれば、下記の4つの方法を実践しましょう。

  • 従業員の課題や価値観を把握する
  • 会社の情報、経営者の考えを発信する
  • 人事制度による適切な評価を行う
  • 自社内のマネージメントを強化する

ここからはそれぞれの方法について、具体的に解説します。

1. 従業員の課題や価値観を把握する

従業員エンゲージメントを高める際は、従業員の課題や価値観を把握する必要があります。

従業員ごとによって抱えている悩みや、価値観は異なるのでしっかりと情報を集めることが大切です。

情報を集める際はアンケートや、直接のヒアリングを行いましょう。

従業員1人1人のデータベースを作り上げて、改善を図る際に活用するのがおすすめです。

従業員ごとの課題や価値観を把握することで、コミュニケーションも取りやすくなるのでエンゲージメント向上に繋げられるでしょう。

2. 会社の情報、経営者の考えを発信する

従業員が会社、経営者の考えを理解できるように定期的に情報発信を行うことが大切です。

自社がどんな考えを持っているのか、どんな目的を持っているのか明確にした上で発信することで、自社に対する理解度が深まります。

発信する際にはメルマガ、広報誌、定例会議など様々な手段を用いて情報を伝えましょう。

考えや方針に変化があった際は、社内での方向性を合わせるためにも発信をすぐに行うことが大切です。

3. 人事制度による適切な評価を行う

従業員エンゲージメントの向上に直接結びつきやすいのが、人事制度による適切な評価です。

評価が適切に行えていないと、従業員のモチベーションが下がってしまうので、エンゲージメントも減少しやすくなるでしょう。

適切な評価を行うためにも、自社の評価体制をもう一度見直すことが大切です。

  • 評価に応じた報酬体系になっているかどうか
  • 定量的な評価基準を設けているかどうか

これらの要素がないと、従業員の評価が難しくなります。

4. 自社内のマネージメントを強化する

社員のエンゲージメントを強化したいのであれば、マネージメントも見直す必要があります。

上司と部下の関係性、上司の指導能力をしっかりと確認しましょう。

「コーチングの実施」
「定期的なフィードバック評価」

マネージメント層に対してこういった教育を施すと効果的です。

上司のマネージメント能力が高いと、その分、部下のパフォーマンスやモチベーションに関わってきます。

従業員のエンゲージメントを強化するために、マネージメント層の教育にも注力しましょう。

従業員エンゲージメントが上がらない場合の対策2選

従業員エンゲージメントが上がらない場合は、下記の2つの対策を行いましょう。

アンケートを実施する
数値が低い項目をチェックする

ここからはそれぞれの対策について解説します。

1. アンケートを実施する

従業員の意見や考え、課題を把握するためにはアンケートを実施するのが効果的です。

アンケートで具体的な質問を行うことで、実用的なデータを得られます。

具体的には下記のような項目を用意して、アンケートを行いましょう。

  • 自社の現状に満足しているのか
  • 自分の仕事にやりがいや価値を感じるか
  • 人間関係や環境に満足しているのか

このように具体的な質問を用意して、従業員の課題や悩みを洗い出していきましょう。

データ分析しやすいように、5段階の満足度で回答できるようにしておくとおすすめです。

2. 数値が低い項目をチェックする

アンケートを行っていると、数値が低い部分が明らかになってきます。

もし、数値が低い部分があれば、その部分を解決できるように対策しましょう。

自分の仕事にやりがいや価値を感じていないのであれば、評価制度の見直し
人間関係や環境に満足していないのであれば、人材配置の転換

このように足りない部分に対して、解決策を施す必要があります。

まとめ

従業員のエンゲージメントは、従業員のモチベーションやパフォーマンスに大きく関わる部分です。

自社の業績にも繋がってくる部分なので、常に改善を図る必要があります。

そこで、どうすればエンゲージメントを向上できるのか最後に確認しましょう。

従業員の現状や価値観を把握する
既存営業会社の情報、経営者の考えを発信する
人事制度による適切な評価を行う
自社内のマネージメントを強化する

これらの対策を施して、自社の従業員エンゲージメントを改善できるように行動しましょう。