SFAツールとは?おすすめのSFAツールについても徹底比較!

営業部やチーム全体で営業成績を上げる際にSFAツールを導入しようと考えている営業マネージャーの方もいらっしゃるのではないでしょうか。SFAツールを活用すると、さらに便利な形で顧客や売上管理ができる上に、営業成績の向上にも繋げやすくなります。

今回の記事ではSFAツールの概要について詳しく解説します。また、後半部分ではおすすめのSFAツール5選を徹底比較しているので、自社に合ったSFAツールを導入する際のご参考にしてください。

SFAツールとは?

SFAツールはSales Force Automation(セールス・フォース・オートメーション)の略となっており、営業活動サポートを行ってくれるツールです。顧客情報や営業に関するデータ、商談内容など細かく分析できるようになっています。

また、営業部やチームで運用することで、営業員の弱点や改善すべき点も見つかるので非常に便利です。よく勘違いされやすいツールとしてCRMやMAが挙がりますが、SFAはあくまでも営業支援に特化した管理、分析ツールなのであらかじめ覚えておきましょう。

SFAツールを導入するメリットとは?

SFAツールは導入することで、下記のメリットを得ることができます。

  • データの分析をしやすくなる
  • 営業員のアシストに繋がる
  • 引継ぎにも便利

いずれも営業部やチーム全体の成績を高める際に便利なメリットとなります。ここからはそれぞれのメリットについて具体的に解説するので、1つずつ細かく確認しましょう。

データの分析をしやすくなる

自社に合ったSFAツールを導入することで営業成績やデータが可視化されます。営業成績やデータが可視化されるとよりデータ分析がしやすくなり、営業現場の行動改善に繋がるので効果的です。

営業担当別、商材別、顧客別、業種別など細かく分類して分析することができるので、今まで気付けなかった自社の営業部やチームの弱点に気付けます。また、SFAでは営業成績やデータはグラフ化することもできるので会議や共有の際も非常に便利です。

営業員のアシストに繋がる

SFAツールを導入することで、顧客情報や営業の進捗を現場のマネージャーなどが確認しやすくなるため、営業員をよりスムーズにアシストできます。足りない部分などをすぐに伝えて営業員の動きを改善することが可能です。

また、SFAツールの中には売上予測などもできるツールがあるので、営業チームの人員配置の変更の際などにも便利です。より注力したい案件にフォーカス出来るような体制を整えられることも大きな魅力となっています。

これらのように営業員を適切にアシストしたり、適切な配置にしたりすることも可能になっているのがSFAツールのメリットの1つです。

引継ぎにも便利

SFAツールでは顧客情報や商談の記録を正確に保存することができるので、充実したデータベースを築くことが可能です。そのため、引継ぎなどもしやすくなっているため、人員配置の変更や担当変更の際に役立ちます。

紙ベースやSFAと使わずに顧客情報や商談の記録を残していると、データが散らばっていたり、データが消失していることもあります。データ管理を正確に行い、営業員同士のデータ共有や引継ぎをスムーズにしたい場合はSFAツールがおすすめです。

おすすめのSFAツール5選を徹底比較

今回おすすめするSFAツールは下記の5選となります。

  • SalesForce sales Cloud
  • Senses(センシーズ)
  • FreeSFA
  • intra-mart DPS for Sales
  • JUST.SFA 

国内で人気のあるツールから、無料で利用できるツールまで幅広くご紹介するので、導入の際のご参考にしてください。

SalesForce sales Cloud

画像引用:SalesForce sales Cloud

SalesForce sales Cloudは世界的にも大きなシェアを誇っており、SFAツールの中でも特に知名度が高くなっています。リードの管理、データ分析はもちろん、トレーニング、コーチングの機能もあるので自社の営業チームの成長に繋げることが可能です。

見積もり提案書の作成もスムーズにできるようになっているので、商談などに積極的に活用したい企業におすすめです。

運営会社株式会社セールスフォース・ドットコム
費用の目安Enterpriseプラン:18,000 円(年間契約)
公式URLhttps://www.salesforce.com/jp/products/sales-cloud/overview/

Senses(センシーズ)

画像引用:Senses

SensesはLenovo、TIS Group、リコー、ソフトバンクなどでも使用されている実績のあるSFAです。AIがリスク分析や類似案件を行ってくれる上に、営業とリモートワークを支える案件ボードも充実していることからより最新の機能を盛り込んだSFAになっています。

また、モバイルアプリからのアクセスも可能となっており、外部からすぐに報告を入れたい時などに便利です。

運営会社株式会社マツリカ
費用の目安Growthコース:10人のユーザーまで月額10万円(追加ユーザー1人あたり月額10,000円)
公式URLhttps://product-senses.mazrica.com/

FreeSFA

画像引用:FreeSFA

FreeSFAは完全無料のSFAツールとなっており、オープンソースのソフトなので自由にカスタマイズ可能です。顧客情報をチームで共有、外出先でも入力可能するといった基本的な機能が備わっており利便性が高くなっています。

また、目標達成状況をひと目で確認しやすくなっているため、視認性にも優れているのが嬉しいポイントです。

運営会社インターマン株式会社
費用の目安無料
公式URLhttps://free-sfa.netlify.app/

intra-mart DPS for Sales

画像引用:intra-mart DPS for Sales

こちらは、導入実績が8,200社を超える株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート社のSFAツールとなります。Excelで作成した帳票をいくつも登録でき、SFA上で入力した値とExcelのセルを紐づけることが可能なため非常に便利です。

名刺スキャン機能や、売上予測機能など基本的な機能も充実しており、価格も非常に安いことからコスパの高いSFAツールとなります。

運営会社株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート
費用の目安クラウドプラン(フル):1ユーザー4,500円(最低ユーザー数10人)
公式URLhttps://dps.intra-mart.jp/forsales/

JUST.SFA

画像引用:JUST.SFA

JUST.SFAは導入企業15,000社を超える実績を持つ株式会社ジャストシステムが開発したSFAツールです。社内外からアクセスできるクラウド型のSFAツールとなっており、営業員の方でも使いやすい仕様になっています。

案件進捗管理、外部のスケジュールとの連携など便利なシステムを多く導入し、確実に営業サポートを果たしてくれるのが強みと言えるでしょう。

運営会社株式会社ジャストシステム
費用の目安非公開(公式HPから問い合わせ後確認可能)
公式URLhttps://www.justsystems.com/jp/products/justsfa/

まとめ

今回の記事ではSFAツールの詳細および、おすすめのSFAツールについてご紹介しました。SFAツールを導入するメリットについても細かく説明しているので、SFAツールを導入する際のイメージが浮かびやすくなります。

自社の課題に合ったSFAツールを導入することで、さらに質の高い営業活動が可能になります。部署やチーム全体での売上や行動を改善したい場合は、今回の記事をご参考に自社に合ったSFAツールを導入しましょう。