リテンションの意味やメリットを徹底解説!改善する際のポイントについてもアドバイス

リテンション アイキャッチ 経営マネジメント

「マーケティングにおけるリテンションってどんな意味なんだろう?」
「リテンションとはどんな手法なんだろう?」

このように考えている人事担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

リテンションとは人材の流出を防ぐための施策です。

リテンションについて理解が浅いと、既存社員を自社に留めておくのが難しくなってしまいます。

そこで、今回の記事ではリテンションの意味やメリット、改善する際のポイントについて徹底解説を行います。

リテンションに対する理解度を深めたい、優秀な社員を自社に定着させたいという人事は必見の内容です。

リテンションとは?

リテンションとは「retention」という英語表記になっており、保持や維持という意味があります。

人事分野の意味では「優秀な人材を確保し、継続して社内で活躍してもらうための取り組み」のことを指します。

マーケティング分野では「既存顧客と継続的な関係を維持するための活動」を指し、人事分野とは意味が少し異なるのが特徴です。

このように同じ言葉でも人事分野とマーケティング分野で意味が異なるので、それぞれの違いを把握しておきましょう。

リテンションが注目されるようになった背景

リテンションには2つの意味がありますが近年、人事分野での意味が注目されています。

人事分野でのリテンションが注目されるようになった背景としては、以下の3つが挙げられます。

  • 少子高齢化による人材不足
  • 団塊世代の大量退職、離職
  • 転職による人材の流動化

これらの問題が起こっていることから、どの企業でも人材を社内に留めようとする動きが見られます。

社内の人材が流出してしまうと基幹業務の停滞、企業機密の漏洩、既存顧客の流出などの問題につながる可能性が高いからです。

単純に社員の補充コストや育成コストもかかるので、リテンション対策が重要視されています。

このような背景があるため、今回の記事では人事分野におけるリテンションについて詳しく解説していきます。

リテンションを強化するメリット

リテンションを強化するメリットとしては、優秀な人材を確保して継続的な活動を促せるところにあります。

優秀な人材を確保できるので、自社のプロジェクト推進がしやすくなるでしょう。

また、高いスキルや技術を持っている場合は、他社に負けない競争力を獲得することが可能です。

リテンションを強化し、優秀な人材を社内に定着させることで社内に技術やノウハウを蓄積できます。

さらに、リテンションでしっかりと優秀な人材を確保できれば採用コストや、育成コストの削減に繋げることが可能です。

これらの理由から、近年では人材確保も1つの立派な経営戦略となっています。

リテンションを改善する際の5つのポイント

リテンションを改善する際、以下の5つのポイントを十分に理解しておきましょう。

  • 報酬や待遇を見直す
  • 社員の意見を聞く
  • ワークライフバランスを調整する
  • 社内コミュニケーションを改善する
  • スキルアップ支援を導入する

リテンションを改善する際に必要なポイントばかりなので、細かく確認しておくことが重要です。

1. 報酬や待遇を見直す

報酬や待遇面が悪いと従業員に不満を抱かれてしまい、人材流出のきっかけに繋がってしまいます。

従業員の成果に対して正当な報酬を与えるためにも、一度自社の報酬や待遇制度について見直してみましょう。

給料はもちろん、以下の項目についてチェックすることが大切です。

  • ボーナス
  • インセンティブ
  • 福利厚生
  • ストックオプション

これらを確認して、評価や制度に不透明な部分があればすぐに改善しましょう。

従業員のモチベーションに直接関わる部分なので、しっかりと見直してリテンションを強化する必要があります。

2. 社員の意見を聞く

リテンションを確実に改善するためにも、社員の意見をアンケートで聞いてみましょう。

直接言いづらいことでもアンケートであれば、答えてくれる可能性が高いです。

アンケートから改善のヒントが見つかることも多いので、定期的に実施してみるといいでしょう。

アンケート項目で評価が低い部分、会社に対する意見があれば優先的に改善することが大切です。

社内全体で不満に感じている部分である可能性が高いので、しっかりと改善してリテンションを強化する必要があります。

3. ワークライフバランスを調整する

ワークライフバランスも従業員のモチベーションに直接繋がる部分です。

仕事とプライベートのバランスが保てないと、従業員に不満を抱かれてしまいます。

極端にワークライフバランスが悪い会社だと、従業員が転職を考え始めてしまうでしょう。

  • 残業時間の見直し
  • 有給休暇の取得
  • テレワーク
  • 産休・育休

特にこれらのポイントは最優先で確認しましょう。

従業員が中長期的に働けるような環境を作り、人材の流出を防ぐことが重要です。

4. 社内コミュニケーションを改善する

職場での人間関係が悪く、チームとして団結していないと離職の原因に繋がってしまいます。

上司と部下はもちろん、同僚どうしの人間関係も良好に保てるようにしなければいけません。

社内コミュニケーションを活発化させるためには、連絡が取りやすい状況を作ることが大切です。

メールではなく社内チャットですぐに連絡を取れるようにすると、ストレスも発生しにくくなります。

また、社内の懇親会やイベントも定期的に開催して、会社内の団結を強めていきましょう。

5. スキルアップ支援を導入する

リテンションを強化するためには、スキルアップ支援を導入して社員の能力開発をサポートしましょう。

  • 通信講座の受講
  • 資格取得のサポート
  • 書籍購入
  • OJT
  • 集団研修

こういったサポートを福利厚生で取り入れて、社員のスキルアップとモチベーションアップに努めることが大切です。

スキルアップが実感できた社員は成長を実感するため、同時にモチベーションもアップしやすいので積極的に支援するとリテンション強化に繋がります。

リテンションを改善した企業の成功事例3選

リテンションを改善した企業の成功事例として、以下の3つをご紹介します。

  • サイボウズ株式会社
  • 株式会社鳥貴族
  • 株式会社ビースタイル

それぞれの成功例を確認して、自社でのリテンション改善に役立てましょう。

1. サイボウズ株式会社

グループウェアなどのソフト開発を行っているサイボウズ株式会社では、社内部活動を推奨しています。

部活動を行うことで社員同士での交流を促し、さらに団結を高めました。

実際に社内部活動を行うことで離職率もダウンしており、リテンション強化に成功しています。

報酬や待遇など基本的な部分を見直すことも大切ですが、人間関係の部分にもしっかりと目を向けましょう。

2. 株式会社鳥貴族

国内で多大な人気を誇る大手居酒屋チェーンである鳥貴族でも、リテンション強化を図っています。

外食業界は離職率の高い業界なので、リテンション強化が非常に重要です。

外食業界で特に問題になりやすい長時間労働を是正するために、無断残業を禁止する取り組みを実施しています。

ワークライフバランスは従業員のモチベーションに直接かかわる部分なので、早期に対処することで離職率の低下に繋げています。

他にも人材育成に関して人財部もかかわるなど、育成についてもしっかり力を入れているのが鳥貴族ならではのポイントです。

3. 株式会社ビースタイル

人材系系の企業である株式会社ビースタイルでは、リテンション強化のために社内コミュニケーションを活発化させました。

経営層に意見を伝える「全社日報」、マネージャーとの面談などさまざまな取り組みを行っています。

社内での意見を伝えやすい環境を作ることで、従業員がストレスを抱えにくくなっているのがポイントです。

また、選択式時短勤務制度なども導入しており、ワークライフバランスも見直すようにしています。

このようにさまざまな取り組みを行うことで、離職率を低下させました。

まとめ

少子高齢化による人材不足、人材の流動化などの問題に対処するために、どの企業でもリテンション強化が行われています。

報酬や待遇の改善はもちろん、ワークライフバランスなどの見直しも重要な課題です。

従業員が不満をため込んでしまうと、転職を考え始めてしまい、人材の流出を招いてしまいます。

優秀な人材を社内に定着させるためにも、今回の記事を参考に対策を図っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました