Googleショッピング広告とは?メリットや効果を出すポイントを紹介!

「広告の効果はどれくらいあるだろうか」

この疑問は、コストをかけて広告を出す企業(広告主)が一度は悩むテーマといってよいでしょう。なぜなら、広告を出して売り上げが上がったのかどうかという検証は容易ではないからです。

広告の効果に不安を感じつつ、広告を出そうと考えている中小企業の経営者は、「Googleショッピング広告」を検討してみると良いでしょう。

Googleショッピング広告とは

Googleショッピング広告とは、Google AdWordsが提供する「リスティング広告」のこと。リスティング広告とは、検索するキーワードに連動する広告を掲載する仕組みの広告であり、例えば、ユーザーが「夏、暑い、対策」というワードで検索した場合、画面にパーソナル・クーラーやクール・ベストのメーカーの広告が表示されます。

検索結果の右側に表示される

Googleでキーワード検索をすると、検索窓の下に「すべて」「画像」「ニュース」「動画」「ショッピング」という項目が並び、その下に検索結果が表示されます。この検索結果の右側のスペースに、商品名や画像、店名や価格などの情報が表示されます。

検索したキーワードに基づく商品が並ぶので、ユーザーの興味を引きやすいといえるでしょう。

また、「ショッピング」をクリックすると、広告だけが掲載されているページに飛びますが、Googleショッピング広告に出稿すると、この「ショッピング」検索にも広告が掲載されます。

クリックまたはタップで注文画面に飛ぶ

Googleショッピング広告に掲載された商品をクリックまたはタップすると、そこから注文画面に移行します。つまり、Googleショッピング広告は、Google・ユーザーを自社サイトに呼び込むことができるのです。

広告を出すメリット

中小企業がGoogleショッピング広告に広告を出稿するメリットとして

・優良潜在顧客を引き寄せることができる
・広告を見たい人にだけ、見たい広告を見せる

ということなどが挙げられます。
それぞれのメリットについて、簡単に紹介します。

優良潜在顧客を引き寄せることができる

Googleショッピング広告のメリットとして、「自社の製品を知ってもらえれば購入してもらえる優良潜在顧客を引き寄せることができる」ということが挙げられます。

例えば、このようなシーンを想像してみてください。

ある人が、暑さ対策のグッズをGoogleで探そうと思い、スマホでGoogleの検索窓に「夏、暑い、対策」と入力しました。
そして、検索結果の横に表示された商品一覧の中にあるA社のパーソナル・クーラーに目が留まりました。パーソナル・クーラーの写真をタップすると、A社のサイトの注文画面に。価格や性能、使い心地のレビューなど、掲載されている内容を見て、「よさそうだ」と感じたその人は、「買い物かごに入れる」をタップして、購入しました。

上記のように、A社の商品を知らなかった人も、検索結果の画面に表示された写真から興味を引かれ、商品購入につながる可能性が生じるのです。

広告を見たい人にだけ、見たい広告を見せる

Googleショッピング広告が従来の広告と大きく異なる点は、広告を見たい人にだけ、見たい広告を見せることができることです。

例えば、パーソナル・クーラーの広告は、普段は隠れていて、「夏、暑い、対策」と入力したときだけ現れます。つまり、暑さ対策に興味があるユーザーにだけ、暑さ対策の商品が表示されるのです。

つまり、Googleショッピング広告なら、潜在顧客のニーズに合った広告を出すことができるのです。「見たくない人にも広告が表示される」一般的な広告のデメリットを小さくすることができる手法であるといえるでしょう。

Googleショッピング広告で効果を上げるポイント

Googleショッピング広告で売り上げ効果を高めるには、次の3点に注意する必要があります。

・商品タイトルを見直す
・写真を見直す
・入札単価を引き上げる

1つずつ紹介します。

商品タイトルを見直す

Googleショッピング広告で効果を上げる方法として、商品タイトルを見直す、というものがあります。表示された広告のタイトルが気になったから広告をクリックした、という方も多く、商品タイトルはその商品を知らない人にとって、重要なものです。

したがって、Googleショッピング広告に広告を出したものの、反応が薄い、という場合、商品タイトルを見直すのも有効な手段といえるでしょう。

例えば「パーソナル・クーラー」という商品名を「首筋ひんやり手の平クーラー」に変えれば、どういう商品なのか、ということが分かりやすく伝わります。

Googleショッピング広告をクリックしてもらうために、印象に残る広告にするといいでしょう。

写真を見直す

商品タイトルと同じく、広告で重要となるのが、商品の写真です。ユーザーは、写真を見て興味があるかどうかを判断してします。

もし、広告の効果が薄いと感じたなら、商品の写真を見直してみると良いでしょう。Googleショッピング広告に掲載する写真は小さいので、興味を引くような画像を選ぶことがおすすめです。

入札単価を引き上げる

Googleショッピング広告の出稿は、入札方式です。つまり、高い金額で入札した企業が、有利に広告を出稿することができます。

誰でも使いたくなる検索ワードの入札は価格が釣り上がるので、「勝負広告」を出したいときは入札単価を引き上げましょう。

広告の出稿方法

Googleショッピング広告に広告を出稿するために必要なのは、4つのステップのみ。

1、Googleアカウントを取得する

2、Google Merchant Centerに登録する

Google Merchant Centerは、商品情報の管理画面です。ショップ名やサイトのURL、ビジネス拠点や連絡先などの情報を入力しましょう。

3、商品情報を登録する

Merchant Centerアカウントに商品固有ID、商品名(商品タイトル)、説明文、画像、価格、URL、在庫状況などを入力します。

4、ショッピングキャンペーンを追加する

注意点

Googleショッピング広告に広告を出すときの注意点を紹介します。

売れば売るほど赤字になることはないか

ネット広告は、突然、大量に注文が来る場合があります。注文が来ることは良いことなのですが、単価が安い商品だけに注文が集中すると、広告料や配送コストなどを考えた場合、赤字になることがあります。注文が続くことで、赤字を垂れ流すことも。

単価を低くしすぎないようにするか、単価が安い商品についてはGoogleショッピング広告を使わないようにしたほうがよいかもしれません。

期待しすぎないこと

Googleショッピング広告で成功している企業はたくさんありますが、広告であることには変わりありません。Googleが広告効果を保証することはありませんし、自社製品がそもそもネット広告に向いていないこともあります。

Googleショッピング広告を含むネット広告には、熱しやすく冷めやすいという性質があり、冷めてしまうと、その後しばらくは、どのような対策を講じてもヒットしないことも。広告を出せば、商品が売れるはず、という過度な期待は抱かないようにしましょう。

まとめ

Googleショッピング広告は、簡単な手順でいつでも出稿することができます。手続きはすべて、サイト経由でできるので、担当者とやりとりする煩わしさもありません。

ネット広告に挑戦したいという中小企業は、Googleショッピング広告を導入してみるといいでしょう。

<参考>

Googleショッピング広告とは?出稿の仕組みから出稿方法まで徹底解説

検索連動型広告の「入札」って何だろう?/今さら聞けないリスティング広告 その1

Yahoo!ショッピング

グーグル・ショッピング検索「夏、暑い、対策、ヤフー」